自動車用バッテリーの点検

6月は衣替えです。『地球温暖化』の影響で今年の夏はどなるのでしょうか?
気が付けば、オフィスの空調も冷房に切り替わってました!


さて、自動車の場合【バッテリー】と【冷房】には大きな関係があります。


%E8%BB%8A%E3%81%A8%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG


JAFのロードサービス救援依頼内容の統計によると
「過放電バッテリー」 が全体の 31.6 % と、一番多いのです。

では、その理由は何でしょうか?
  ・
  ・
  ・
「過放電バッテリー」 ??? ⇒ “ 過放電状態? ” つまり、 “ 充電が足りない ” のです!

自動車の場合、エンジンの回転で発電機が駆動(発電)し、バッテリーに蓄電しています。

一般的な自動車(中型)の発電容量は? ・・・・・ 40~60A です。

では、電装品の消費電流の1位は? ・・・・・ エアコン です。 (18℃最高風力で 17.3A)
       2位 ・・・ リアデフォッガー   12.4A
       3位 ・・・ ブレーキランプ     7.0A
       4位 ・・・ ヘッドライト(HI)     5.1A
       5位 ・・・ ワイパー(HI) 5.0A
       6位 ・・・ パワーウインドウ  3.4A

これからの季節、【エアコン】を付けて【渋滞】にハマり、【雨】が降っていたら・・・・・

バッテリーは『充電不足』になりがちです!

早めの バッテリー チェック を お勧めすます!




trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form