バッテリー不正輸出ストップ!

平成17年10月20日の日本経済新聞に掲載された記事です。 ※ “横浜”の事例です
 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓
page-0001.bmp

鉛バッテリーの “ 鉛 ” が欲しくて、海外に輸出されているようです・・・・

鉛以外の【硫酸】、【廃プラ】、そして他の物質は、一体どうなっているんでしょうか?

以前に聞いた話だと、燃料代もかさむので途中で海に投棄されている ! ! !
なんて品物も実際にあったそうです。<残念・・・>

電気を作るために多くの資源と知恵が使われています。
今や電気の無い生活はありえないのではないでしょうか?

そんな電気を自由に持ち運べるまでにしてくれたのが
“ 鉛バッテリー ” なんです。≪スゴイぞ!≫

ポイポイ捨ててちゃ、ダメダメ! こんな循環を許しては、地球が変になっちゃいます!

鉛は抽出されたとしても、希硫酸は適切に中和処理してると思いますか?


『土壌に流出した硫酸は、数億のバクテリアを確実に死滅させます・・・』


Q:あなたが交換したバッテリーは、ちゃんとリサイクルされてますか?

A:国内の再生工場の数と、処理可能数の総合計を調べましょう!
  そして、バッテリーメーカーの販売数を比べてみて下さい。


きっと、やらなきゃいけない事が見えてきますよ!


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form