バッテリー電解液のレベル確認について



産業用バッテリー、つまりフォークリフトのバッテリーのキャップ(栓)は
国内は、2メーカーなので2タイプ(一括補水タイプも含めると4タイプ)です。

バッテリーセルの内部は見えないので、浮きをつかってレベルを推測しますが、
液の補充(補水)も浮きを使っていては時間がかかるし、全てのセルを同じ
レベルにすることは不可能です。

したがって、海外では様々なキャップと液の補充(補水)方法が開発されています。

国内で一番流通しているのは、多分これ↓です。

GS%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97.JPG

海外を調べると・・・
アメリカ・ドイツに様々な補水システムを開発製造している専業の会社があります。

たとえば、こんな感じです。↓


%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88.JPG

すべて、フロート(浮き)を使っていますが、中には“半年に一度洗浄してください”と、
キチンと説明しているメーカーもあります。

理由は、やはりOリングの劣化や熱によるプラスチック・フロートの変形のようです。


『PSは、浮きを使わない唯一つの補水システムです。』 なのです。
          
          PS%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96.JPG

   ●フロートを使わないので ・・・・・ Oリングが無い
   ●フロートを使わないので ・・・・・ 熱変形による機能低下が無い

とても斬新かつシンプルな構造で、タフな作りになってます。(再利用可)

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form