フォークリフトのバッテリーを長持させる方法

フォークリフトのバッテリーを長持ちさせたいという取組みが
各方面であるようです。

  バッテリーの再生、延命?
  強化液、 復活液?  蘇る液?

その効果の程は知りませんが、高いニーズがあることは間違いありません。

フォークリフトのバッテリーを長持ちさせる方法をトヤカク言う前に、
どおしたら長持ちしないのか? を整理してみたいと思います。

これ、フォークリフトのバッテリーです。
この2Vの単セルが直列に組まれて、48Vや72V、80V、90Vとなります。
     %E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%8D%98%E3%82%BB%E3%83%AB.JPG

セルの内部です。
     %E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%96%AD%E9%9D%A2.JPG

ご覧の通り、結構高いレベルまで電解液が入る事が赤い浮きの位置で分かります。

補充液を入れすぎると、充電中に溢れます。
   溢れると、硫酸がセル外に流出するのでマイナスです。

補充液が少なすぎると、水枯れ状態になります。
   そのまま充電すると電極にダメージが残り、最悪の場合は爆発します。

つまり、入れすぎも液枯れもダメです。


これから暑くなると、水減りが予想以上に起こり、水枯れ状態になり易く
なってしまいます。


バッテリーのメンテナンス、特に補水管理をキチンとすれば、
バッテリーが長持ちしてきます。

管理にはどおしても個人差が出てきます。
それを回避するには、適切な道具を使うしかありません。

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form