バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーを長持ちさせる方法は、幾つかあると思います。

例えば、過放電・過充電をしない。
水枯れを起こさない。
噴きコボレさせない。

これ、何故でしょう?

結果としてセル間のバラつきの原因につながるのではないでしょうか。

フォークリフト48Vの場合、2Vのセルが24個直列に接続されてますが、
新品時はほぼ同一のコンディションだったのが、経年劣化のように
セル間がガタガタになってきます。

※充電は均等充電等、均等にする目的の充電はありますが、
 補水に関しては、水枯れや噴きこぼれが要因となり、
 それぞれのコンディションが違ってるのではないでしょうか。

そこで、こんな補水方法をご提案。

ご覧下さい。
  全てのセルが均等レベルに補水されます。
  また、セル内部は攪拌されてます。

こんなに均等に補水できますか?

水枯れ、噴きコボレも無くなり、セル間のバラつきも解消され、
延命効果が期待されます。

バッテリー長持ち!です。

お問い合わせ先は・・・

Philadelphia Scientific Japan INC.
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form