鉛バッテリーの工場見学 ( 工場潜入 ? )

鉛バッテリーの工場見学ができるサイトを見つけました!

オートメーション化された工場の量産ラインみたいです。

先日工場視察に行った韓国のバッテリーメーカーの工場には数人の工員さんが働いており、
説明では、クオリティーを上げるにはどうしても人手をかける必要があるんだ!と、力説して
おりました。

エンジン始動用のバッテリーと、フォークリフトや電動車両用バッテリーでは
用途が違うので作り方も違うそうですが、大体こんな感じのようです。


おもしろい話しも聞きました。

調子が悪かった中国製のフォクリフト用バッテリーを原因解明の目的で
分解したそうです。


そしたら・・・・・


セパレーターが入って無かったそうです。

これは、人的ミスです。


さぁ~、ここで問題。

バッテリーは構造的に10年もつんだ!

JIS規格にある!  という話しを聞きますが、

そのことが明記されている「JISの番号」をご存知の方は是非教えて
頂けないでしょうか。

いままで、そう仰る数人の方に質問しましたが、回答がありません。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form