フォークリフトに海外製バッテリーが・・

トヨタ(トヨタL&F)、ニチユ(ニチユMHI)は、フォークリフト販売シェアの
ワン・ツーで、共にバッテリーフォークのシェアが高いという特徴がる
ようです。

その他といっては失礼かもしれませんが・・・

住友フォーク、TCM、コマツリフト、日産フォークリフトの4社は、
エンジン、建機が元になっており、港湾荷役で大活躍する車両、
つまり、エンジン車がもともと強いという背景があるようです。

しかし、統計からもわかるように、バッテリー車がエンジン車を
上回るようになり、各社がバッテリー式フォークリフトの販売強化を
進めています。

そこに大きな問題があります!

フォークリフトのメーカーは6社、しかし、バッテリーは2社なのです。
※ 2社は、GSユアサ、新神戸です。

一般的な販売戦略的として、価格競争はしない工夫を考えますね!
そうすると、1物件1社の戦略となり、競合しない様にコントロールが
できる仕組みが出来てしまいます。
※これ以上はマズイ部分に踏み込みそうなので止めます。


海外製の輸入バッテリーというと、中国製?、韓国製?と聞かれますが、
いえいえ、米国やヨーロッパのバッテリーも実は使われているんです!

これ、HAWKER(ホーカー)バッテリーです。
※キャップと接続方法がヨーロッパ仕様ですね! フロートがありません!
2011.6.22_L%26F_%20004.jpg

残念ですが、GSユアサ、新神戸のフロートキャップは日本仕様なので使えません。

フィラデルフィア(PS)の補水システムは、アダプターで世界中のバッテリーに対応してます。
2011.6.22_L%26F_%20009.jpg


ほらね! 一番右の“プッシュイン・タイプ”で対応します。
2011.6.22_L%26F_%20001.jpg

物流現場では、海外製の車両もあり、さまざまなバッテリーが使われます。

その全てのバッテリーに対応するのが、フィラデルフィア(PS)の補水システムです。
(ちょっとだけ強気で言うと、「世界標準」なのです)

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form