建築現場の自走式高所作業車のバッテリー

東京は、まるで墓石のような高層ビルやマンションが立ち並び、
ヒートアイランド現象でムンムンしてます。

そんな中、現在建築中のスカイツリーは、東京の新名所として期待されますね。

2011.8.17%20006.jpg

現在建築中?、つまり内装工事をやっているんだと思います。
こんな感じなのかもしれません。

内装工事で活躍するのが、高所作業車です。
   %E9%AB%98%E6%89%80%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E2%91%A0.JPG

   %E9%AB%98%E6%89%80%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E2%91%A1.JPG

※屋内で建築中ということもあり、バッテリー駆動です。 ※ バッテリーは EB100
EB100.JPG


これ、建築現場へのレンタルから戻ってきた高所作業車です。
%E2%91%A02011.8.18%20Act%20.jpg

とにかく、ひどい状態です。

 拡大すると・・・
%E2%91%A12011.8.18%20%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg


・充電中に電解液が溢れています。
・バッテリー表面に建築材料がドッサリです。
・補水管理をしていない事がわかります。

EB100は、高価なバッテリーです。
使い捨てでは、もったいないどころの話しではありませんね。

車両管理をしているセンター長様には、
  ①バッテリー中和・クリーナーでバッテリー上面を中和洗浄しましょう。
  ②補水ガンで“だれがやっても入れ過ぎない”補水をしませんか?
  ③一括補水(インジェクター式)なら、数秒で補水ができますよ!
  ④開放型 or シールドタイプ ? その前に、セミシールド化を検討しませんか?
をご提案しました。

現状に満足せず、数歩先を読むんで検討を進められています。
さずが、リーディングカンパニー!です。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form