フォークリフトの管理者様へ、浮かない話し・・・

すべらない話し ではありません。

浮かない話しです。

さて、フォークリフトのバッテリーはこの時期(暑い日が続く)は、水の減りも思った以上に早く、
「水枯れ」の危険があります。
水枯れは、バッテリーの寿命を縮めるだけではなく、爆発する危険もあるので、注意が必要!
です。

フォークリフトの国内シェアは、トヨタ、ニチユMHIで約8割近くを占め、エンジンVS蓄電池式では、
蓄電池(バッテリー)式が50%以上になり、それに搭載されるバッテリーの約8割近くを
GSユアサが占めると言われます。(もっと低いかも?しれません)

わずらわしい補水作業に関しては、GSユアサ殿、新神戸電機殿も共に一括補水器
(一括補水システム)を用意しています。

これが、問題あり! なんです。

GS_Float.jpg
これでは浮き(フロート)が浮かないんです!

原因:充電中の熱や酸、オイル、添加剤などの影響で半年~1年位すると変形します。

この浮き(フロート)の上下移動でバルブ機能を働かす、浮き(フロート)式の一括補水は
メンテナンスをこまめにしないと、水漏れの可能性が高くなってしまいます。

フィラデルフィアのインジェクターバルブは浮き(フロート)を使いません。
          %E2%91%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4.JPG

フィラデルフィアのインジェクターバルブを使った一括補水は、高い水圧で高速補水ができます。

一般的に補水作業は、1セルあたり約1分かかるといわれるので、48Vのフォークリフトの場合
24セルなので、約25分かかります。
それが、フィラデルフィアの一括補水(インジェクター)は、約5秒で完了します。

※海外では多くの採用事例がございます。 つまり、海外では効率化されているんです!
 (おまけに海外は人件費が低いようなので、コスト競争で勝つのは大変ですよね!)

ご覧下さい。
上が、浮き(フロート)式の一括補水で、下がフィラデルフィアの圧力(インジェクター)式です。

フォークリフトの担当者様は、バッテリー維持管理に時間/コスト、手間がかかっている事を認識され
ていますが、管理者様の多くは『費用対効果』でしか判断しない(できない)そうです。
もはや大企業病は「残念な企業です」と言えるかも?  (前向きな検討はここで止まります)

「浮かない浮き」に関連づけて、浮かない話しでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form