事故発生!フォークリフトのバッテリーが転倒(でもすぐ対応)

フォークリフトのバッテリーが転倒した事故です。
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%BB%A2%E5%80%92%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F.JPG
希硫酸が流出してます。

鉛バッテリーの電解液は希硫酸です。
フォークリフトのバッテリーには数十リットルの電解液が入ってます。

注意!
・人体への被害がないように!
・床面が腐食しないように!
・バッテリーの電極へのケアを!
   等々・・・・・

Ramseyのフィズフリーを常備していたので、床面に流出した希硫酸は中和吸着しています。
  ※残念ですが、コレ↓は海外の事例です。

国内ではCSR活動、労災事故防止に取組んでいる一部の企業しかRamseyの安全管理用品を
設置していません。
なので、フィズフリーを設置していません。
BT%E8%BB%A2%E5%80%92%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

これが、電解液の中和吸着剤 “FIZZpFREE”(フィズフリー)です。
FizzpFree_Bottle_2.JPG
※中和時に発生する“ガス”が出ません!

2012年の新年を迎え、電動フォークリフト、牽引車、高所作業車、ゴルフカート等の
産業用バッテリーをお使いの企業向けに、安全・安心、そして環境。を提案します。

CSR活動、労災事故防止に貢献します。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form