GSユアサ、新神戸電機(KOBE)対応の一括補水(新スペック)

フロートを使わない圧力式インジェクターバルブを使用するフィラデルフィアサイエンティフィックの
一括補水は世界中でバッテリーに採用されています。

右から、ヨーロッパ「Push-In」対応、アメリカのトロージャン等の対応、EBバッテリー等の
スクリュー対応、そして、GSユアサと新神戸(KOBE)や一部の韓国製バッテリー用の
1/8Turnです。

それぞれのバッテリーとはアタッチメントで装着ができます。

左の2つは、やっと開発された個々のセルの内部状態を目視でき、比重測定も簡単に
できるよう改良されたインジェクターバルブとアタッチメントです。

%E2%91%A02012.4.17%20011.jpg
内部状態目視と比重測定を簡素化する要望は大手バッテリーフォークユーザーからの要望です。

液が有ると 「黒」  (先端が液中)
%E2%91%A42012.4.17%20017.jpg

液が減ると 「白」  (先端が露出)
%E2%91%A22012.4.17%20015.jpg


≪特殊対応品≫  ※試作中

液が有ると 「黒」  (先端が液中)
%E2%91%A52012.4.17%20018.jpg

液が減ると 「赤」  (先端が露出)
%E2%91%A32012.4.17%20016.jpg

特徴(メリット)
インジェクターバルブの一括補水の機能はそのままで、
①個々のセル内部が目視確認できます。
  ⇒ キャップを開けて液栓棒を指でコツコツやってレベル確認をする必要がありません。
②比重測定も簡単です。
  ⇒ キャップ(バルブ)はそのままで比重測定ができます。


私どもはそれぞれの国のニーズに合わせ、カスタマイズした製品をお届けします。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form