ウォーターBOX、誕生。

フィラデルフィア サイエンティフィック の補水システムは、水圧を必要とする
圧力式の一括補水「インジェクター」と、フロート式の一括補水「ステルス」があります。
そして一番シンプルで世界各地で活躍するのが、自動停止機能付き「補水ガン」です。

どのアイテムも精製水を供給するサプライシステムが必要です。
従来は、80Lと40Lの移動式カートタイプと10Lのポータブルタイプですが、
日本市場ではユーザーが使用する単位が約20L位なのでジャストサイズが
ありませんでした。

そこで、製品開発していたのが20L以上でも使用が可能な「ウォーターボックス」です。
  ・ポンプ有り ・・・・ JK-WPタイプ  対応:圧力式一括補水『インジェクター』、『補水ガン』
  ・ポンプ無し ・・・・ JK-WGタイプ  対応:フロート式一括補水『ステルス』

【試作品】
WaterBOX_JK-WP1.JPG

精製水が入っている20LのパックをそのままBOXに入れて使用することができます。
※補水作業をする前に半分(10L)~Max(20L)までの精製水をパック内に用意して下さい。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form