フロート式の一括補水器を点検します。

フィラデルフィアの一括補水器は、圧力式(インジェクター)の他に
海外OEM用のフロート式ステルス(Stealth)があります。
     Stealth_Valve.JPG

配管方法はチューブを差し込むとロックして抜けないという水漏れ対策も
考えられています。
個々のセルのレベルを確認できるインジケーターもあります。※見易い!

日本国内でも装着事例があり、GSユアサ、新神戸電機(KOBE)にはもちろん、
海外ブランドの輸入バッテリーにも装着されます。

Stealth_Level.JPG
フロートもスライド式で、新たに追加され計6パターンに対応します。


ここで大きな特徴があります!

フロート式の補水バルブは、他社製品も同様だと思いますが残念ですが漏れます。
自動停止が止まらない事もあります。

理由は、充電中の熱や異物の付着でフロートが上下しなくなったり、
バルブ内部のOリングが劣化してしまうという点にもあります。

そこで、フィラデルフィアのフロート式ステルスは、配管の脱着がし易く設計され
定期的に点検ができるようになっています。
50DSCF3217.JPG

そこで発見!

バッテリーと接するアダプターのOリングが延びてます。 (赤丸)
考えられる理由は、熱です。
過充電したのか不明ですが、間違いなく熱が上がってしまったようです。
50DSCF3220.JPG

一括補水器の不良だ!と指摘される方もいらっしゃいますが、そもそも
変形するほど熱が上がってしまうのは、管理不足と言えます。

ステルスは不具合のあるバルブは簡単に交換できますのですぐ対応です。
同時にバッテリーと充電器を調査するようご提案差し上げました。

バッテリーの熱(温度)は要注意なんです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form