UPS用の鉛バッテリーの補水問題を解決します。

計画停電も話題となり、蓄電に取組む企業が増えています。

歴史と安定性、そして容量とコストから鉛蓄電池を採用する事例も
増えているようです。

※補水の手間が不要の“シールドバッテリー”はコストが高く寿命も短いので
 あまり良い事はありません。つまり、補水の手間を効率化するのがポイントです!

昨年から夜間に充電し、昼間にその電力を使用して万が一の停電にも対応するという
取組みを早くから採用した都内の企業様の事例です。
    
 ≪EB145を20個使用≫
1_UPS.jpg

液式のバッテリーを使用していますが、メンテナンスがあまり考えてられていない“残念な”設計です。

※この場合も補水が最も重要です! 液減りを確認するのにも大変ご苦労されてます。

ラックの奥にある液栓(ネジ式)も手で空けて補水をしなければなりません。 計120個です!
2_UPS.jpg




そこで改善提案!
PSのインジェクター(圧力式)一括補水でメンテナンスを効率UPです!
3_UPS.JPG

インジェクター(圧力式)一括補水を4ラインでセットしました。
4_UPS.JPG

補水作業は数秒で完了するので、こまめな液面確認とバッテリーの清掃(中和クリーナー)を
提案させて頂きました。

もちろん、万が一、希硫酸が床面に流出して施設を腐食させないよう“吸着マット”もお使い
頂いてます。

フォークリフトのバッテリーを使用した蓄電システムも増えています。
ぜひ、バッテリーの「維持管理」と「安全管理」も併せてご提案頂きたいと思います。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form