海外ブランドのフォークリフト用バッテリーの補水管理

年末を前に厳しい夏場を越えた電動フォークリフトのバッテリー交換シーズンが
始まっています。

屋内作業で活躍するプラッター(ニチユ)のバッテリーセルが数個死んでしまい、
動かなくなってしまったそうです。


今回のバッテリーは、セルの色を見てわかるように海外品です。

海外製バッテリーは安価だからといって維持管理を怠るとすぐダメになってしまいますよ!
ということで、フィラデルフィア(PS)の圧力式の一括補水「インジェクター」が装着されています。

Ceil_%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E5%85%A8%E4%BD%93.jpg

赤線内に注目して下さい。


Ceil_%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
    
     充電前の補水は危険です! ・・・・・ 溢れますよ!
    充電後に補水しましょう。   ・・・・・ 減った分だけ補水しましょう!
                    

                     という内容です。

電動フォークリフトの補水時間は、一台あたり約20分はかかると言われています(48V)が、
圧力式のインジェクターは、一台あたり、約10秒程度で補水ができます。


つまり、3台の電動フォークリフトに補水をする場合、1時間もかかっているのが
前後の作業を含めても、せいぜい2~3分で終わるという時間短縮が可能です。


%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG

海外製バッテリーをより長く使う為にも、維持管理(特に補水)は重要です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form