フォクリフトのバッテリー、奥が深い・・・

フォークリフトのバッテリーは高価ですが、結構汚れています。

白い手袋もすぐ黒くなります。衣服にも黒い汚れが付いてしまします。

PS(フィラデルフィアサイエンティフィック)の一括補水システムも電解液の汚れの影響で
黒く汚れるケースがあります。
 ※フロート式の「ステルス」  (フロートの色は黄色です)
%E3%82%AF%E3%83%AD_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg

 ※圧力式の「インジェクター」 (ノズルの色は“赤”です)
   1.%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg

電解液がセルの表面に溢れていたのでRamseyのバッテリー中和クリーナーを使用し
変色(紫:酸)を確認しました。





はじめてのケースですが、ご覧下さい。






まるで“ヘドロ”が付いたかのように黒い物質が付着してます!
     2.%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg


◆インジェクターバルブ
%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A41.JPG

バッテリーの再生業者さんがバッテリー再生目的でセル内に注入る液体は
それぞれ特許が取得できる程、さまざまな方式(方法)がるようですが、
今回のバッテリーは海外製ですが新品です。
 ※特許取得はその効果とは一切関係ありませんのでご注意ください。


ちなみにこのバッテリーは電圧値、比重値、内部抵抗値ともの異常はありません。

据置型ではないフォークリフトのバッテリーは奥が深いとつくづく思わされる事例です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form