バッテリーは、充電と補水、そして清掃で長く使える?

最近、なかなか見れなくなった「Yuasa(ユアサ)」のバッテリーです。
1.SF1.jpg

お気付きでしょうか?

EBバッテリーと同じスクリュー(ネジ込み)式のキャップです。

トヨタのバッテリーフォーク、5FB25 用のバッテリーは565Ah/48Vで
なんと、バッテリーの製造日は96年の10月です。 

2.SF1.jpg
バッテリー再生・延命は何もやってないそうです。 外観はキレイです!

点検整備をやっている業者の社長さん曰く「バッテリーの再生延命っていっても、
パルス発生装置か液を入れるかだろ?」と、バッサリです。
「ノウハウも開示せず、ユーザーに医者だ!魔法だ!奇跡だ!と、高額な費用を
出させている・・・」とお怒りです。
日々の充電と補水管理、そして清掃をちゃんとやればバッテリーは十分長く使える
そうです。


しかし、さすがに水減りが早くなり、フロートがうまく機能しなくなったという事で、
フィラデルフィアの圧力式「インジェクター」を装着する事になりました。

まず、スクリュータイプのアダプターをバッテリーにセットします。
3.SF1.jpg

そして、インジェクターを取付けます。 48V(24セル)を2分割補水です。
4.SF1.jpg

液面センサーは既存のものが使用できます。
5.SF1.jpg
 ※液面センサーのライト確認済み。

当然、稼働状況にもよりますが、維持管理でバッテリーの寿命は変わるというお話しです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(鉛バッテリーにはナノパルサー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form