謹賀新年2013

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

フォークリフトや牽引車、搬送車両、高所作業車などの原動力、バッテリー。

本年も産業用バッテリーの維持管理(メンテナンス)、安全管理(セーフティ)で
お役に立つアイテムやシステムを提供して参ります。

PSJ_%E7%AA%81%E6%92%83binnbinn%EF%BC%81.JPG

本年もよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

年末なのでフォークリフトのタイヤ跡を消す!

今年の汚れは今年のうちにキレイにできる。のか?

食品倉庫の床に残るバッテリーフォークリフトのタイヤ跡を消そう!という
テストを○○物流センターの所長さんとやってます。

今回使用したのは、ブルーの「タイヤ跡クリーナー」です。
0.%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4.jpg

     クリアー♪♪:床面についた「サビ用クリーナー」

      イエロー♪♪:ご愛顧頂いている電解液の「中和クリーナー」

       ブルー♪♪:フォークリフトのタイヤ跡を消す「タイヤ跡クリーナー」

                                 ※ももクロみたいです(祝!紅白出場)


処理前
1.%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4.jpg

「タイヤ跡クリーナー」をスプレー
2.%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4.jpg




   ※3分位そのまま放置














ウエスで拭取りました
3.%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4.jpg
   ※ブラシやマシンを使えば、もっと効果的です。

(塗装にも影響ありません)
4.%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4.jpg


テストの結果、OKを頂き早速お見積りを出して「キレイにしよう!」となりました。

今年一年、物流倉庫で活躍したバッテリーフォークリフトの車輌点検整備はもちろん、
できればバッテリーの表面を「中和クリーナー」でキレイにし、床面のタイヤ跡も
「タイヤ跡クリーナー」でキレイにしては如何でしょうか。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

監視による削減メリット

エネルギーの監視システム導入で約30%の省エネが実現したというニュースが届きました。

オフィスの複合コピー機や街中の自動販売機も監視システムがあります。

通信して監視すると管理(マネジメント)効率が上がるということで、
省エネは間違いなくコスト削減につながっているようです。


では、バッテリーは??


UPSなど非常時のバックアップ電源となるバッテリーは遠隔監視されているのもあります。

流通システム・フォークリフトの産業用バッテリーはどうでしょう?

・・・・・・・・

フィラデルフィア サイエンティフィック にあります!

これ、eGO! という製品のバージョン2です。
1-eGO%212.JPG

フィラデルフィア サイエンティフィック のヨーロッパから展開していて、2013年から
iPad と進化を同じにして “2” になっています。 ※ブリスターパックに入れて販売中。
3-eGO%212.JPG


日本では「スマート・バッテリー」としてフォークリフトバッテリーにインストールされます。

もう一度、『スマート・バッテリー』です!




バッテリー管理者(バッテリー、もしくは車輌を担当している人、購買担当者)は、

  ・電池切れで車輌が動かない!

  ・電池が一日持たない!

  ・電解液が溢れて床がビチャビチャ!

  ・電池交換の予算化が難しい!     等々・・・

原因不明の急なトラブルが回避されるので、やはり『監視による削減メリット』はあります。




一例ですが、こんなコトができます。

4-eGO%212.JPG




お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリーの補水システムの比較

フィラデルフィアサイエンティフィックのバッテリー補水システムには3タイプがあります。
物流システム・フォークリフトのバッテリー補水に選んでご使用頂けます。
   
   ①小規模用 ・・・・ 製品名 : 補水ガン
  
   ②中規模用 ・・・・ 製品名 : ステルス(フロート式一括補水システム)
  
   ③大規模用 ・・・・ 製品名 : インジェクター(圧力式一括補水システム)
 

■比較動画をご覧下さい。





①補水ガン
1-GUN.JPG

②ステルス(フロート式一括補水システム)
2-Stealth%20%26%20BT.JPG

③インジェクター(圧力式一括補水システム) ※スパイダータイプも有り
4-Injector_Batt.JPG

※フロート式の「ステルス」は、定期的にクリーニングが必要なので、日本市場には
  なかなか合わない為、『インジェクター』をお勧めしてます。
※GSユアサ、新神戸(KOBE)の一括補水もフロート式なので、定期的な清掃が必要です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリーは、充電と補水、そして清掃で長く使える?

最近、なかなか見れなくなった「Yuasa(ユアサ)」のバッテリーです。
1.SF1.jpg

お気付きでしょうか?

EBバッテリーと同じスクリュー(ネジ込み)式のキャップです。

トヨタのバッテリーフォーク、5FB25 用のバッテリーは565Ah/48Vで
なんと、バッテリーの製造日は96年の10月です。 

2.SF1.jpg
バッテリー再生・延命は何もやってないそうです。 外観はキレイです!

点検整備をやっている業者の社長さん曰く「バッテリーの再生延命っていっても、
パルス発生装置か液を入れるかだろ?」と、バッサリです。
「ノウハウも開示せず、ユーザーに医者だ!魔法だ!奇跡だ!と、高額な費用を
出させている・・・」とお怒りです。
日々の充電と補水管理、そして清掃をちゃんとやればバッテリーは十分長く使える
そうです。


しかし、さすがに水減りが早くなり、フロートがうまく機能しなくなったという事で、
フィラデルフィアの圧力式「インジェクター」を装着する事になりました。

まず、スクリュータイプのアダプターをバッテリーにセットします。
3.SF1.jpg

そして、インジェクターを取付けます。 48V(24セル)を2分割補水です。
4.SF1.jpg

液面センサーは既存のものが使用できます。
5.SF1.jpg
 ※液面センサーのライト確認済み。

当然、稼働状況にもよりますが、維持管理でバッテリーの寿命は変わるというお話しです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

48Vのフォークリフト用バッテリーを24Vで分割補水

フォークリフトのバッテリーは48Vが一般的ですが、一部のユーザー様には
インジェクターの配管を24Vごとに分ける事で簡易ポンプをご使用頂いております。

   ・給水口が2個になるから面倒ではないか?
   ・入れ忘れがあるのではないか?
   ・入れ過ぎで溢れるのではないか?

等々・・・、文句を言ってくる業者さんもいましたが、ユーザー様のコメントは
「2回コネクターを繋げば良いだけだし、時間も今までより早いから充分!」と
有りがたいコメントを多く頂いてます。

動画をご覧下さい。
アクリル模型を使用してコネクターの水漏れテストを行っています。
※補水が完了したらポンプのスイッチをOFFにするのですが、しない場合どうなるか?を
  テストしています。 水漏れはありません。

大めにレベルを下げた状態から補水を開始してますが、すべてのセルが
レベルに達して自動停止するまで“約10秒”です。

48Vのフォークリフト用バッテリーの場合には、この作業を2回行うだけで
全てのセルが均等に補水できます。

セル内部がなるべく攪拌するようバルブの先端から水がでます。

仮に一般的な48Vのフォークリフトを3台補水する場合を考えると
   インジェクター 無し  20分 × 3台 約1時間
   インジェクター 有り  30秒 × 3台 約2分

この差が作業時間の短縮と作業効率をUPさせる効果を生みます。

国際物流総合展2012で弊社ブースに足を運んでいただき、実演デモを
ご覧になったユーザー様には好評でした。
既に導入を進めているユーザー様は既に削減メリットを得ています。

詳しい資料もご用意しております。
お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

補水時間の短縮でコストが削減。

バッテリーに補水をしています。
OSHA(労働安全衛生局)の罰金もあるので、希硫酸の事故に対する安全対策も万全です。

%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E4%BD%9C%E6%A5%AD_USA.JPG

これは、40LのMiniHydroCartを使用して"インジェクター"一括補水による補水です。

  採用される主な理由は、
   ① 速くて正確 ・・・・  世界最速、5~10秒程度で完了します。
   ② 簡単  ・・・・・・・  コネクターを接続してスイッチ・オンです。




トヨタL&Fの7FB(400Ah)カウンタータイプ用に圧力式のインジェクターで補水をします。
DT-400.jpg
 
トヨタL&Fの7FBR(280Ah)リーチタイプに圧力式のインジェクターで補水をします。
DT-280.JPG
 その効果は、
   ① 補水にかかる作業時間はたったの数分。 無い場合は、15分~30分です!
   ② 維持管理効率がUP。 作業時間の短縮効果に他に液漏れ、漏電、減少。

  つまり、
    圧力式一括補水「インジェクター」は5~10秒程度で補水が完了するので、
    仮に3台補水するのに1時間かかっていたのが、わずか数分に時間短縮できます。

フォークリフト(車両)はもちろん、バッテリーの維持コストを考える企業で導入が進んでいます。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

海外ブランドのフォークリフト用バッテリーの補水管理

年末を前に厳しい夏場を越えた電動フォークリフトのバッテリー交換シーズンが
始まっています。

屋内作業で活躍するプラッター(ニチユ)のバッテリーセルが数個死んでしまい、
動かなくなってしまったそうです。


今回のバッテリーは、セルの色を見てわかるように海外品です。

海外製バッテリーは安価だからといって維持管理を怠るとすぐダメになってしまいますよ!
ということで、フィラデルフィア(PS)の圧力式の一括補水「インジェクター」が装着されています。

Ceil_%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E5%85%A8%E4%BD%93.jpg

赤線内に注目して下さい。


Ceil_%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
    
     充電前の補水は危険です! ・・・・・ 溢れますよ!
    充電後に補水しましょう。   ・・・・・ 減った分だけ補水しましょう!
                    

                     という内容です。

電動フォークリフトの補水時間は、一台あたり約20分はかかると言われています(48V)が、
圧力式のインジェクターは、一台あたり、約10秒程度で補水ができます。


つまり、3台の電動フォークリフトに補水をする場合、1時間もかかっているのが
前後の作業を含めても、せいぜい2~3分で終わるという時間短縮が可能です。


%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG

海外製バッテリーをより長く使う為にも、維持管理(特に補水)は重要です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォクリフトのバッテリー、奥が深い・・・

フォークリフトのバッテリーは高価ですが、結構汚れています。

白い手袋もすぐ黒くなります。衣服にも黒い汚れが付いてしまします。

PS(フィラデルフィアサイエンティフィック)の一括補水システムも電解液の汚れの影響で
黒く汚れるケースがあります。
 ※フロート式の「ステルス」  (フロートの色は黄色です)
%E3%82%AF%E3%83%AD_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg

 ※圧力式の「インジェクター」 (ノズルの色は“赤”です)
   1.%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg

電解液がセルの表面に溢れていたのでRamseyのバッテリー中和クリーナーを使用し
変色(紫:酸)を確認しました。





はじめてのケースですが、ご覧下さい。






まるで“ヘドロ”が付いたかのように黒い物質が付着してます!
     2.%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg


◆インジェクターバルブ
%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A41.JPG

バッテリーの再生業者さんがバッテリー再生目的でセル内に注入る液体は
それぞれ特許が取得できる程、さまざまな方式(方法)がるようですが、
今回のバッテリーは海外製ですが新品です。
 ※特許取得はその効果とは一切関係ありませんのでご注意ください。


ちなみにこのバッテリーは電圧値、比重値、内部抵抗値ともの異常はありません。

据置型ではないフォークリフトのバッテリーは奥が深いとつくづく思わされる事例です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

過充電でフォーク用バッテリーの液が溢れた・・

海外製バッテリーの中には充電中に電解液が高温になるモノがあります。

69_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg
※フィラデルフィアのフロート式一括補水「ステルス」の事例です。

充電後、つまり朝の稼働前に液温を測定したら「69℃」ありました。

充電サイクル終了頃にはもっと高温になっていると思われます。 ※過充電かは不明です。


PS(フィラデルフィア サイエンティフィック)にもフロート式の一括補水があります。
※商品名:ステルス
%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E3%E5%80%8B.jpg
フロートが3段階のスライド方式、液面レベルインジケータ付き、配管接続はワンタッチジョイント
なので、メンテナンス性に優れています。

材質は、バッテリーのセルと同じPP製です。

ところが・・・・


電解液に触れるフロート(浮き)が変形してしまう程、高温になっています。
※PPの耐熱は100℃以上です。
     %E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%9B%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%B5%AE%E3%81%8D.jpg


前兆として、熱による変色が見受けられるようです。
使用している配管ホースはPVC(透明)ですが、ご覧の通りです。

%E3%82%AF%E3%83%AD_%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg

安価な海外バッテリーをより長く使用するには、充電管理と補水管理、そして
定期的なクリーニングがポイントです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

海外製バッテリーはユーザーフレンドリー

再生バッテリーの導入検討に失敗したユーザー様の中には、海外製の新品バッテリーを購入する
事例が増えています。
そこで、問題になってくるのが『補水管理』です。従来と同じ管理では問題解決にはなりません。

海外製バッテリーのクオリティーを更にUPするため、フィラデルフィアサイエンティフィック(PS)の
補水システム「インジェクター」がお役にたっています。

これは、トヨタL&Fのフォークリフト(リーチタイプ)の交換用バッテリーに搭載されるバッテリーです。
ceil_R70.jpg
(前だし)

このタイプは通常、補水時間が20分から30分かかりますが、PSのインジェクターは1分以内です。

面倒な補水管理が、誰がやっても簡単になる! つまり、ユーザーフレンドリーなのです。

これは、従来のバッテリー管理方法を間違いなく上回っていると言えます!
(作業時間が短縮するメリット、バッテリーが長持ちするメリットが期待できます)


このハイスペックなバッテリーは大手物流企業様で全国の拠点で採用が進んでいます。
ニチユMHIのリーチタイプ(プラッター)の交換用バッテリーです。
ceil_R90.jpg
配管のレイアウトもバッテリーに合わせて多種対応しています。

興味があれば、お問い合わせください。ご紹介が可能です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

国際物流総合展2012 ~ バッテリーの怖い話

2012年9月11日から14日までビックサイトで開催された国際物流総合展2012
(LOGIS-TECH TOKYO 2012)にフィラデルフィアサイエンティフィックは出展しました!

さて、今回の展示会出展にあたっては弊社商品の販売に日頃からご協力頂いている
販売店さんにも多大な協力をいただきました。
今後の取組みについても、どんと来い!と、心強いお言葉を頂いてます。(感謝・感謝!)

その中の一つの試みをご紹介します。

① 「電動フォークリフトの現場で本当にあった怖い話」をブースに用意する

② それを見て立ち止り、一読して立ち去らない人に声をかける (読み終わるまで待つ)

  ※ご覧下さい。多くの方が立ち止って読んでます。
2012.9.11-kowai.jpg


拡大すると・・・

kowai_2.bmp

ゾッとした人に問題解決をご提案して参ります。

※多くの問合せを頂いており、ご提案に時間がかかっておりますがお許し下さい。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

国際物流総合展2012 ~ セミシールドバッテリー

2012年9月11日から14日までビックサイトで開催された国際物流総合展2012
(LOGIS-TECH TOKYO 2012)にフィラデルフィアサイエンティフィックは出展しました!

皆様のおかげをもちまして盛況のうちに執り行うことができました。
ブースにお立ち寄り頂いた皆様には心からお礼申し上げます。

さて、好評だったモノの一つがコレです。

実際のフォークリフト用バッテリー24セル48Vを想定したモデルを使用しての実演です。
 女性スタッフが補水をしても、約10秒程度のスピード! しかも、バラツキも均等に!

バッテリー一台あたり約20分程度かかる補水作業が、約10秒です。
仮に ・・・ 3台あれば、1時間。 それが、約30秒。その倍で試算しても1分程度です!
2012.9.11-demo.jpg
≪フォークリフト用バッテリーのセミシールド化によるさまざまなメリットの提案です≫

「セミシールド」の比較をしたパネルの写真撮影を希望される方が多かったので
ブース内でご案内していたパネルを掲載します。
%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89_%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB.JPG

製造業から倉庫業など、物流をご担当している方の問題解決の一つで、
既に多くの問合せを頂いております。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

国際物流総合展にDTバッテリーが登場

トヨタL&Fのリーチ式、バッテリーフォークのバッテリーです。

端子もボルト式(DIN仕様)で見慣れないスペックですが、
まるでエイリアンのようなモノが付いてます。

これは、フィラデルフィアサイエンティフィックの圧力式一括補水
インジェクターの“スパイダー”です。

2012.9.5%20041s.jpg

国際物流総合展2012が9月11日からビックサイトで開催されますが、
そこでも展示される予定です。

バッテリーはJISとDINのクリームスキミング。
セミシールド化され、密閉型と開放型のこれまたクリームスキミング。
補水は作業性が向上されるフィラデルフィアが標準採用です。

実は低コストでハイパフォーマンスが海外で好評なバッテリー
そのバッテリーが「DTバッテリー」です。

既に多くの問合せが来ているようです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフト用バッテリー、72V以上でもOK。

住友フォークのカウンター(72V)のバッテリーです。
72V%EF%BC%BFMBL.JPG

鉄箱の低い所にキャップが36個あるので、補水作業は結構大変です。
それで一括補水が採用されるケースが多いようです。

これは牽引車用バッテリー(72V)です。 ※インジェクターの一括補水が採用されています。
72V_Batt.JPG

72Vの対応は36Vで一つのラインを作り、2系統で対応となります。
一系統にかかる補水時間は約3~5秒なので、一台にかかる時間は
10秒程度となります。

大容量のバッテリーにも圧力式のインジェクター一括補水は対応します。


【配管レイアウトの参考例】 12V~48V
%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%8812V.24V.48V.JPG

【配管レイアウトの参考例】 72V・80V (96Vは48V×2セット)
%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%8872V.80V.JPG

フォークリフトや牽引車の車両情報、バッテリーのサイズや配列などの情報をもらい、
予めプリセットして納品することができます。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

ウォーターBOX、誕生。

フィラデルフィア サイエンティフィック の補水システムは、水圧を必要とする
圧力式の一括補水「インジェクター」と、フロート式の一括補水「ステルス」があります。
そして一番シンプルで世界各地で活躍するのが、自動停止機能付き「補水ガン」です。

どのアイテムも精製水を供給するサプライシステムが必要です。
従来は、80Lと40Lの移動式カートタイプと10Lのポータブルタイプですが、
日本市場ではユーザーが使用する単位が約20L位なのでジャストサイズが
ありませんでした。

そこで、製品開発していたのが20L以上でも使用が可能な「ウォーターボックス」です。
  ・ポンプ有り ・・・・ JK-WPタイプ  対応:圧力式一括補水『インジェクター』、『補水ガン』
  ・ポンプ無し ・・・・ JK-WGタイプ  対応:フロート式一括補水『ステルス』

【試作品】
WaterBOX_JK-WP1.JPG

精製水が入っている20LのパックをそのままBOXに入れて使用することができます。
※補水作業をする前に半分(10L)~Max(20L)までの精製水をパック内に用意して下さい。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

GSユアサ、新神戸電機(KOBE)の液面センサーにも対応

トヨタフォークリフトのバッテリー(GS製)の液面センサーです。
2012.2.24%20002.jpg

GSユアサはコレ↓

GS-yuasa_%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC.JPG

新神戸電機(KOBE)はコレ↓  液面計?

KOBE_%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC.JPG

フィラデルフィアサイエンティフィックの「インジェクター」一括補水を使用する場合はコレ↓

2_%E4%B8%8A%E3%81%8B%E3%82%89_.JPG

1__.JPG


フィラデルフィアサイエンティフィックの「ステルス(フロート式)」一括補水を使用する場合はコレ↓

2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9_%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E4%B8%8A.JPG

2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9_%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E6%A8%AA.JPG

フォーリフトのバッテリー交換時に付いていた液面センサーをそのまま利用することが
可能です。
※三段階表示で液面管理できる液面センサー「スマートブリンキー」もあります!

それぞれの国のニーズに合わせ、カスタマイズした製品をお届けします。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

機械工具の商社さんからのデオナイザーの発注

バッテリーフォークリフトは物流倉庫、製造工場など、排気ガスを嫌う屋内作業エリアでは
必需品です。

ガソリン式に比べ、バッテリー式の方がランニングも安い。
つまり、油代より電気代の方が安いという試算もあります。

フォークリフトの販売店から物流倉庫等へコスト削減の提案としてデオナイザーは紹介
されています。
※精製水を買うより、コストダウンができる。そして無駄な保管スペースが
  有効利用できるという点がポイントです。

最近の傾向ですが、工場の購買担当者から出入りの機械工具商社さんへデオナイザー
の見積依頼(数社)がされ導入される事例が増えております。

今回の出荷は4台、工場向け出荷です。

※デオナイザー(PS-300)は、Made in USA です。
 出荷前に日本国内で検品を済ませ出荷されます。
deio_4.JPG

デオナイザーPS-300と、補水ガンGUN-N11(自動停止機能付き)のセット購入が
標準化になりつつあります。
     PS-300%20%26%20Gun.JPG  ※スタンドは撮影用

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリー用の精製水をつくるデオナイザーが売れてます

水道水から精製水を作る【デオナイザー(精製水製造装置)】を導入するフォークリフト
ユーザーが増えています。
※もちろん、バッテリーフォークリフトのユーザーです。

バッテリーフォークリフトの販売割合がエンジン車よりも上回っていますが、ガソリンの
価格高騰も影響しているのでしょうか?
問合せも増えています。
2012.4.5.JPG

FaxDMでご案内してますが、もしかすると・・・・いや、確実に影響しています。

月に4箱(20L/箱)の精製水を購入しているなら、デオナイザーを導入しても約一年で
回収でき、2年目からはメリットが出ます!
まとめ買いもしなくて済むので、スペースを有効利用できます!というご提案です。

バッテリーの再生や延命、海外製バッテリーの購入等、バッテリーにかかるコストを
何とか下げたいというバッテリーユーザーに情報を発信しています。


FaxDM%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC.JPG


フィラデルフィアサイエンティフィックのデオナイザーは、バッテリー専用なので
コストはもちろん取出せる水量もほぼ水道圧に近い圧力なのでストレスなく
ご使用いただけます。
(毎分約8L)

一緒に出荷するのは、鉛バッテリーの電解液(希硫酸)専用の吸着マットです。
床面を保護し、有害で危険な硫酸が安全に処理できます。

CSR活動、労働災害防止に取組む企業は、コスト意識も高いようです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフト用バッテリーの寿命が延びるシステム

フォークリフト用バッテリーの使用時間と予想寿命サイクル数を表してます。

RunTime_vs_CycleLife.JPG


放電の深さ(%)で予想寿命サイクル数が表記されますが、使用時間に
置き換えた表です。

水色が通常の使用状況での目安です。
青色はiBOSを導入した場合です。 ※つまり、より長く使えるという説明です。

理由は・・・

iBOSシステムによるバッテリーマネジメント(バッエリー管理)です。
iBOS_system.JPG

導入前と後の使用頻度のグラフです。
%E5%89%8D%E3%81%A8%E5%BE%8C%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.JPG
23台の充電器でバッテリーを充電し、勤務シフトにあわせて載せ換え交換をするというシステムです。

使用回数に大きくバラツキがある ・・・・・ これは、無駄が多いという事を意味します。
使用回数にバラツキがなくなった ・・・・・ これは、効率よく使われている事を意味します。

ポイント!
入口に近い1号充電器が一番使われていて、遠い場所(奥)になればなるほど
充電器は使われていない状況です。 これ、人間の心理というか習慣です。
※20号の充電器は台車のコロが壊れ、実は皆が使うのを避けていた事が判明!

   %E5%89%8D%E3%81%A8%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

このように、複数台の充電器でバッテリーを充電しても、常に最適な状態の
バッテリーを教えてくれます。

最適な状態とは・・・・・満充電が完了し、クールダウンをした状態です。

iBOSは、人の習慣が生み出す無駄をマネジメントすることで無くし、
バッテリーを最適な状態で使うことで本来の寿命を最大限に引き出す
システムです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

これがPS式の一括補水(フォークリフトバッテリー)

新車フォークリフトにはGSユアサかKOBE(新神戸電機)のバッテリーが搭載され、
発注時のオプションで一括補水器を付けるユーザーが増えているようです。

再生業者さんにバッテリー再生を依頼しても一括補水器は付いたままで戻るようです。

では、一括補水器の寿命はどの位でしょうか?
%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E8%AA%AC%E6%98%8E.JPG

フィラデルフィアサイエンティフィックのインジェクターバルブ、つまりPS式の一括補水の
耐久性は世界で証明さています。
PSAU_pic1.JPG

過酷な使用条件に耐えるのがPS式の一括補水です。
LongUse_Injector.JPG

PS式の一括補水は100万回テストをクリアーした世界唯一の補水システムです。
100%E4%B8%87%E5%9B%9E%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88.JPG

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフトのバッテリーを管理する(海外事例)

複数台の電動車両を使用する施設ではバッテリーの充電ルームという専用エリアで
充電するようです。 (日本国内ではまとめず分散するようです)
※これはバッテリーに対する考え方が海外と日本では明らかに違うからでは
 ないでしょうか? (管理するという意識、バッテリーは危険という認識など・・・)

【海外の事例です】
iBOS_before.JPG
60台の充電器でバッテリーが充電され一元管理されえています。

さて、ここで問題です。
Q:オペレーターは、どのバッテリーを選べば良いのでしょうか?
  A:多くの方は、「充電が終了したバッテリーに決まってだろう!」とおっしゃいます。
 【正解】です。

しかし、この運用では手前の“取りやすい”バッテリーに偏る現象が発生します。
バッテリーが本来持っているポテンシャルが引き出せません。

では、より効果的な運用方法は・・・・
iBOS_after.JPG
赤枠をご覧下さい。
『10番の充電器のバッテリーを使用しなさい』とiBOSシステムが知らせます。
※この10番のバッテリーは充電が完了し、クールダウンも完了しているので、
 最高のコンディションにあります。

すべてのバッテリーを管理し、最適な状態のバッテリーを使用するので無駄がなくなります。

このiBOSによる管理は、バッテリーの延命効果も発揮しています。

iBOS_system.JPG

オーストラリアでは、トヨタのフォークリフトを販売する営業マンが大手ユーザーに提案している
システムです。

※Toyota Material Handling Australia (TMHA)社は、オーストラリアのマーケット・シェアーを
 30%以上獲得しているフォークリフトのナンバーワンの会社です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

海外のフォークリフトバッテリー充電場の状況

海外の物流拠点でも沢山のフォークリフトが活躍してます。もちろん、多くがバッテリーです。

シフトが2勤や3勤で稼働していると、一台のフォークリフトに
そのソフト数と同じ数のバッテリーが必要になります。
PSAU_ppt.JPG
スゴイ数のバッテリーと充電器です。 まさにフル稼働!

お気づきでしょうか!
全てのバッテリーにPS式一括補水「インジェクター」が付いてます。
【装着例】
Injector_Batt.JPG

フィラデルフィアサイエンティフィックのPS式一括補水「インジェクター」は
世界の物流拠点で活躍しています。

※海外からバッテリーを輸入し販売している業者の中には、コスト面だけではなく
  維持管理や安全管理について積極的に取組んでいる業者が増えています。
  バッテリー購入時には、十分ご確認のうえ導入検討をする事をお勧めします。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフトバッテリーの液面センサー

フィラデルフィア サイエンティフィック の液面レベルセンサーは、
海外ではOEMでバッテリーメーカーに供給されています。

これは、DIN規格のバッテリー用です。(新商品)
__.JPG
お気づきでしょうか。
ケーブル端子用のピンタイプです。

従来のネジに挟むタイプではありません。進化してます。

写真右側は従来品で挟みこみタイプです。
%E2%91%A12011.8.29%20016.jpg

もちろん、タイプも3種類あります。

写真はケーブルタイプです。コネクター部分のケーブルに挟んで固定します。

バッテリーはDINのバッテリーです。装着されているのはOEM用ステルスです。
ステルスはフィラデルフィア サイエンティフィックが供給するフロート式の一括補水ですが、
アメリカ、ヨーロッパで広く使われています。
SmartBlinky%20cable%20.JPG
※最近、国内で中国製のバッテリーに装着される事例が増えていますが、一部の
 業者が販売するバッテリーで不具合が発生しているようです。
※バッテリーのクオリティーはもちろんですが、維持管理、アフターサービスの対応が
 できない業者からのバッテリー購入は十分ご注意ください。

産業用バッテリー、つまりフォークリフト用バッテリーは液面管理が重要です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

祝10周年 オーストラリアはトヨタと共同営業も!

オーストラリアのフィラデルフィアサイエンティフィックは、
今年で創業10周年です。
Aussieのクリスが環太平洋(アジア)の事業展開を頑張った結果です!
2012.3.3-5%20006.jpg
自国のオーストラリアでは、トヨタのフォークリフト販売店がフィラデルフィアの
製品やシステムをユーザーに販売しています。 ※ 差別化をしているそうです!
そんなお世話になった人達にクリスからのプレゼントが届いています。
(気が利いてます!)
2012.3.3-4%20010.jpg
2012.3.3-4%20013.jpg

まだまだ日本に紹介されていない商品・システムがあります!
今年は、国際物流総合展2012も開催されます。

フォークリフトを販売している各メーカーの地域代理店へ
お役に立つ情報をどんどん提供していきます。 ご期待下さい。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

メンテナンスで寿命を延ばす。バッテリーフォークリフト編

フィラデルフィアサイエンティフィックは、産業用バッテリーの維持管理、安全管理を提供しています。

さて、フォークリフトのバッテリーをメンテナンスで寿命を延ばすことはできるのでしょうか?

  【液面管理】 SmartBlinky
         電解液レベルを三段階表示するセンサーです。
         セルを選んで設置できるので、より確実に液面が管理できます。
         ※海外では標準採用するバッテリーメーカーも多数あります。
SmartBlinky%20cable%20.JPG

  【補水管理】 Injector System
         圧力式で均等補水を数秒で可能にする補水システムです。
         ※GSユアサ、KOBEの一括補水器や世界的シェアを持つBFS(ドイツ)フローライト
          (アメリカ)が採用するフロート式の欠点をクリアーした圧力式です。
INJ1%E5%80%8B.JPG

  【充電管理】 iBOS System
         充電状況を管理しバッテリーの誤使用を無くします。
         ※バッテリーを載せ換えて稼働する施設に多きな削減メリットを提供します。
iBOS%20%E7%94%BB%E9%9D%A2.JPG

  【履歴管理】 eGO!2
         バッテリーの使用履歴をモニタリングし寿命管理します。
         ※ブルートゥース対応で日本全国のバッテリーを遠隔監視します。
eGO%212%20.jpg

  【安全管理】 Ramsey products
         電解液の中和剤など安全管理アイテムが揃ってます。
        ※表面の希硫酸中和除去により漏電が解消できます。
%E5%A4%89%E8%89%B2EB.JPG


これらのメンテナンス(管理)でバッテリーの寿命が延ばせます。

PS製品による“セミシールドバッテリー”は、フォクリフト用バッテリーの次世代型使用方法です。
1SB.JPG
2SB.JPG

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

2012年、新しいフォークリフトのバッテリー登場!

TOYOTAフォークリフト、リーチタイプ:7FBRのバッテリーを前出ししているところです。

お気づきでしょうか?違いがあります。
SSbattery_TOYOTA_1.JPG

バッテリー交換作業中。
SSbattery_TOYOTA_2.JPG


バッテリー交換で、セミシールドバッテリーが採用され搭載されました。
バッテリーの作業性、安全性、メンテナンス性が向上する新スペックで、
長持ちするノウハウがインプットされています。


煩わしい(面倒くさい!)と言われる補水にかかる時間は 5~10秒!で、
フィラデルフィアの一括補水(インジェクター)が採用されています。


※レンタル対応もするそうです。
SSBattery_TOYOTA_.JPG

SEMI SEALED BATTERY、2012年は新しいバッテリーでスタートです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

事故発生!フォークリフトのバッテリーが転倒(でもすぐ対応)

フォークリフトのバッテリーが転倒した事故です。
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%BB%A2%E5%80%92%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F.JPG
希硫酸が流出してます。

鉛バッテリーの電解液は希硫酸です。
フォークリフトのバッテリーには数十リットルの電解液が入ってます。

注意!
・人体への被害がないように!
・床面が腐食しないように!
・バッテリーの電極へのケアを!
   等々・・・・・

Ramseyのフィズフリーを常備していたので、床面に流出した希硫酸は中和吸着しています。
  ※残念ですが、コレ↓は海外の事例です。

国内ではCSR活動、労災事故防止に取組んでいる一部の企業しかRamseyの安全管理用品を
設置していません。
なので、フィズフリーを設置していません。
BT%E8%BB%A2%E5%80%92%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

これが、電解液の中和吸着剤 “FIZZpFREE”(フィズフリー)です。
FizzpFree_Bottle_2.JPG
※中和時に発生する“ガス”が出ません!

2012年の新年を迎え、電動フォークリフト、牽引車、高所作業車、ゴルフカート等の
産業用バッテリーをお使いの企業向けに、安全・安心、そして環境。を提案します。

CSR活動、労災事故防止に貢献します。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

企業のCSR活動に貢献。

2012年第一弾のご案内はCSRに関するご提案です。

「CSRって何?新しい商品か?」なんていうオペレーターさんもいますが、
CSRとは、「企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)」の事で、
多くの製造メーカー、物流企業でもその活動を大々的に社内掲示しているので
全社的に取り組んでいるハズですが・・・。

面倒な話しは置いといて・・・

製造メーカーが荷主で、その流通に関しては物流企業が専門性を発揮して
消費者に物が供給される・・・というのが大きな意味で物の流れです。
なので、製造業、物流業、流通業にとってCSR活動は重要なんだと思います。

さて、物が流れる(動く)時に活躍するのがフォークリフトや運搬車両ですが、
電動化が進みフォークリフトに関しては販売台数の半数以上がバッテリーです。

※国内バッテリーメーカーは、GSユアサ、新神戸電機(KOBE)の2社しかなく、
 高いクオリティーで市場を2分?してますが、近年は海外製輸入バッテリーを
 採用している企業が増えており、今年はもっと増える方向にあるようです。

そのバッテリーは、有害物質として扱う「鉛」と「硫酸」で出来ています。
なので、製品安全データシート(MSDS)が用意され、その扱いに関して
説明されています。 ←これ、CSRの観点からしても当然ですよね!

CSR活動に取り組む企業は、大量のフォークリフト(電動)を所有もしくは
施設内で稼働させています。

そこで、今回のご案内です。
※バッテリーを使用・販売する企業様にお届け中です。
DM%E5%8E%9F%E7%A8%BF_2012_%E4%B8%AD%E5%92%8C%E5%89%A4.JPG

危険で有害な電解液(希硫酸)を適切に処理する際に色で確認できる
カラーインジケーター機能が付いた高機能商品です。
※無色透明の電解液(希硫酸)の中和状態を確認できます。

労働災害事故の防止、環境汚染の防止などにお役に立ちます。
価格もお求めやすい安価で供給できる体制ができております。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリー清掃(クリーニング)が広がります。

フォークリフトやゴルフカートの鉛バッテリー、UPSに使われている鉛バッテリーの表面を
きれいに清掃するためのアイテムがRamseyのバッテリーワイプです。

お気づきでしょうか?

「バッテリーワイプ」と「クリーニングワイプ」があります。

A.2011.12.25%20001.jpg

「クリーニングワイプ」は、海外から優れたバッテリーを輸入販売している会社が
OEMで販売する商品名です。

海外のバッテリーを輸入販売しているので、安全管理についても海外の情報やアイテムを
提案していきたいというお考えです。
(バッテリーユーザー企業のCSRに貢献します)

国内では、GSユアサ殿、新神戸電機(KOBE)殿の2社がフォークリフトのバッテリーを
販売しておりますが、ユーザーに対してまず安全管理の提案はやってないようです。
もちろん、維持管理の提案についてもそのメリットを提案してません。

   B.Sta-Safe_3.JPG
※アメリカ製です。

C.2011.8.25%20021.jpg
※希硫酸に反応すると変色するので、安全にバッテリー清掃(クリーニング)ができます。

危険な希硫酸から人体を保護できるのみならず、漏電も解消できるという労災事故対策にも
お役に立つので、現在、トヨタL&F、ニチユMHI、住友フォーク、TCM、コマツ、日産フォーク、
他、地域販売店様、及び、整備・販売会社様にFaxDMでご案内中です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

セミシールドバッテリーの導入メリットの比較

フォークリフトのバッテリーをセミシールドにするとメリットがあります。

%E2%91%A0B.JPG

%E2%91%A1B.JPG

%E2%91%A2B.JPG

%E2%91%A3B.JPG


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフト用、セミシールドバッテリー

鉛蓄電池は、一般的に開放型(オープン)でメンテナンスで減った液を補充する必要があり、
そのメンテナンス(補水する)の手間がかからないバッテリーとして、密閉型(シールド)が
あります。

電動車両、牽引車、高所作業車、福祉機器、ゴルフカート等はモノボックスタイプの
EBバッテリーが多く使われていますが、はやり、補水の手間がかからないという
理由で密閉されているシールドタイプ(SEB)が多く使われる傾向にあります。

補水が必要ないというメリットがある一方、価格も割高で耐久性、そして寿命が
開放型(オープンタイプ)に劣るというデメリットがあります。

フィラデルフィアサイエンティフィックの一括補水は開放型(オープン)バッテリーを
半密閉「セミシールド」バッテリーとして使用する事ができるので、特にコストの高い
フォークリフト、ゴルフカートのバッテリーにお勧めです。

比較表をご覧下さい。
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E5%88%A5%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG


一般的な開放型(オープンタイプ)のバッテリー  ※セル毎に補水キャップが付いてます。
%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%89%8DBT.JPG


半密閉型「セミシールドタイプ」のバッテリーになりました。
  ※一括補水(インジェクター)装着
%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%BE%8CBT.JPG

シールド型のバッテリーは比重測定ができませんが、セミシールド型は取り外しができるので
点検時にメンテナンスも可能です。

つまり、コストをかけずにバッテリーを長持ちさせる為の一つの方法です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリーと仲良く付き合うために必要。

Ramseyのバッテリー安全管理用品(セーフティープロダクツ)には、
電解液の中和クリーナーとクリーニング用具がセットになった商品も
取りそろえられています。

中和クリーナー(カラーインジケーター機能付き)×2本、ゴーグル、手袋、
エプロン、ブラシ、布巾、希硫酸が眼に入る事故が発生した時に洗浄用として
使用できる洗浄用生理用水が専用BOXにセットになってます。
【型式:CK-10-B】
%E3%80%90%E7%94%BB%E5%83%8F60%E3%80%91CK-10-B.JPG

クリーニング用具を施設に装備する際にはゴーグル、手袋、エプロン、ブラシ、
そしてフェイスプロテクターをセットする専用ラックと、中和クリーナーの噴霧器が
セットになってます。
【型式:BCE-100】
%E3%80%90%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%80%91BCE-100.JPG

大袈裟でしょうか?  

【型式:NS-7030】

バッテリーに関わるお仕事をしている方の健康(労働災害事故)を考える義務が
事業者にはあるんです。
健康被害(事故)にあってからでは遅すぎなので、安全対策をご提案しております。

電動フォークリフトをご使用中の事業者様は日常点検の際に電解液が漏れていると
いう場合があるのではないでしょうか。

電動フォークリフトの点検作業をやっている販売店様、バッテリーの再生業者様など
バッテリーに関わる事業者様に安心・安全、そして環境を考え、ご検討頂きたい
バッテリーの安全用品です。


ラムジーは、バッテリーユーザーの安心・安全、そして環境を考えます。

  ■お問合わせは
    ラムジー ジャパン
  http://www.rg-japan.co.jp
    info@rg-japan.co.jp

バッテリーフォークリフトを販売する企業のCSR

RamseyのSta-Safeのバッテリーワイプは、バッテリー用のウェットティッシュです。
     Sta-Safe_3.JPG

Sta-Safeが希硫酸に反応すると紫色に変色するので、危険な希硫酸を安全に処理
することができます。

2011.8.25%20021.jpg

フィラデルフィアの一括補水を取付ける新品バッテリーの表面を拭いた画像ですが、
変色している事が分かります。
  ※バッテリーの作業をする際にはゴーグル、手袋をする等、十分ご注意ください。


各方面で大好評につき、大量入荷しました!
%E7%94%BB%E5%83%8F35_%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97%E2%91%A0.jpg

全ての商品は、日本語対応 しております。
%E7%94%BB%E5%83%8F35_%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97%E2%91%A1.jpg

今回の出荷は、フォークリフト販売トップシェアの企業様です。

労働安全衛生法、バッテリーメーカーのMSDSにその危険性は明記されているものの、
≪費用対効果≫でしかご判断されない販売店及びメーカーが多い中、環境対策は
もちろん、安全対策にも率先して取り組んでおられます。

バッテリーメーカーや販売店ではこのような安全製品は扱っていないので、自社で
商品開拓をして提案型の営業をやられています。
まさにCSRを自社基準を高めて実践しているのだと敬服しております。

これからもご期待に応えられるよう啓蒙活動も頑張ろうと思うご発注を頂きました。


ラムジーは、バッテリーユーザーの安心・安全、そして環境を考えます。

  ■お問合わせは
    ラムジー ジャパン
  http://www.rg-japan.co.jp
    info@rg-japan.co.jp

フォークリフトのバッテリーに最適な補水ガン。売れてます。

フォークリフトやゴルフカート、高所作業車や床面清掃機には産業用バッテリーが
使われていますが、その補水作業を楽チンにするのがフィラデルフィア(PS)の補水ガンです。

補水ガンは、アメリカの工場で製造されていますが、国内で出荷前には自動停止機能のテストや
その他のテストが行われています。

これは、フォークリフトのバッテリーやEBバッテリー用の GUN-N です。
2011.10.16%20004.jpg

テストの時は実際に水して機能確認をするので乾燥工程が入ります。
2011.10.16%20.jpg

フィラデルフィア(PS)の補水ガンは、レバーを握ったままで自動停止する優れものです。
バッテリーの補水で「入れ過ぎる」や「足りない」という事が無くなります。
そして、入れ過ぎないから充電中に電解液が溢れません。

フォークリフト、ゴルフカート、高所作業車、床面清掃機/スイーパー等、面倒な補水が
誰がやっても同じレベルで停止するので、バッテリーも長持ちする効果があります。

煩わしい補水作業を改善するため、補水ガンを使うバッテリーユーザー(企業)が増えています。

 理由はコレです。 ご覧下さい。

バッテリーを長持ちさせたい。
バッテリー購入費を何とかしたい。 というバッテリーユーザー必見です。

世界で実績NO.1の補水ガンは、フィラデルフィアサイエンティフィックがお届けしてます。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

物流施設などに安全標識を!

安心・安全、そして環境をお届けする ラムジージャパン は、
物流施設や工場で活躍するバッテリーフォークリフトが稼働するエリアや
充電、保管するエリアの安全対策にお役に立つ“安全標識”をご用意してます。

%E5%AE%89%E5%85%A8%E8%A1%A8%E7%A4%BA.JPG

ラムジーは、バッテリーユーザーの安心・安全、そして環境を考えます。

  ■お問合わせは
    ラムジー ジャパン
    info@rg-japan.co.jp

ラムジージャパンのホームページ

バッテリーユーザーの労災問題と環境問題へのソリューションに取組むのが
Ramsey(ラムジー)です。

その ラムジー ジャパン (RamseyJapan)のHPがアップしました。
   Http://www.rg-japan.co.jp
RamseyJapan_HP.JPG

対象は、フォークリフトや牽引車、ゴルフカート、高所作業車、UPSなど
産業用バッテリーからエンジン始動用バッテリーまで、すべてのバッテリーに
対応します。

バッテリーをクリーニングすると延命効果がある!

バッテリーの再生延命の関するお話しです。

※ナノパルサーは鉛バッテリーの再生延命装置です。
 常時装着することで、延命効果を発揮します。

さて、バッテリーの延命効果とクリーニングについてです。

■ポイント:1
充放電時は、電気分解により水素ガス・酸素・亜硫酸ガスなどが発生します。

バッテリー上面はそのミストとホコリ等でベットリ汚れてしまいます。
つまり、どうしてもバッテリーの上面(表面)は汚れてしまうのです。


■ポイント:2
整備点検は、まず最初に清掃から行うそうです。 もちろんバッテリーも!

フォークリフトの場合、事業者(法人)は定期的な点検(法定)をしなければ
ならず、一般的には整備点検をフォークリフトの地域販売店が請負っています。
※NO.1ディーラーでは、社内基準で徹底しているそうです。 (だからNo.1かも?)


■ポイント:3
バッテリーをクリーニングすれば、その汚れが分かります。

バッテリーの管理が悪い事業者は、バッテリーで経営を圧迫してますよ!


■ポイント:4
動画をご覧下さい。

クリーニングしなきゃ!と思いませんか?でも、中和しながらやらなければ
環境にダメージを与えてしまいます。

※ Ramsey製品は中和を色で確認できます。


バッテリーが長持ちする維持管理を提案しています。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

工場で稼働するバッテリー車両の維持管理

工場内の搬送で活躍する牽引車用のバッテリーです。
24時間稼働する工場では、バッテリーを載せ換えて
牽引車が稼働します。

フォークリフトの鉛蓄電池と基本的には同じタイプですが、
12セル(24V)の組みバッテリーです。
トヨタL&Fのタグノバは、48Vなのでバッテリー容量が同じでも
仕事量が違ってきます。

頻繁に交換するということは、頻繁に充電するということなので、
水減りも多くなります。
そこで、煩わしい補水作業を効率化するため、フィラデルフィアの
一括補水(インジェクター)を装着しました。
%E2%91%A02011.9.8%20004.jpg
左側にあるのは、中和・クリーナーです。 ※取付け作業前には“清掃”からです。
%E2%91%A12011.9.8%20006.jpg

%E2%91%A22011.9.8%20008.jpg

24Vまでは容量が10Lのポータブルタンクで補水が可能です。
%E2%91%A32011.9.8%20012.jpg

製造工場ではバッテリー車両が大活躍しています。
しかし、バッテリーはあまり管理されていないようです。

補水管理が悪くバッテリーの表面が汚れているのを見れば、
その工場ではバッテリーの持ちが悪いことが分かります。


≪バッテリーが長持ちする維持管理を提案しています≫
お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

海外製バッテリーに液面センサーを!

フォークリフトに海外製バッテリーを採用される事業者が増えています。

これも海外製(中国ではありません)バッテリーなのですが、液栓キャップや
液面センサーが国内のもの(GSユアサ・新神戸電機)とは違います。
※あっ、メーカー名が甘消しだぁ!
%E2%91%A02011.8.29%20009.jpg
この後、赤丸内にセンサーがセットされます。

%E2%91%A12011.8.29%20016.jpg

ヨーロッパのバッテリーは、35mm Push-In というタイプの液栓キャップなので、国内の
一括補水器は使用できません。

レベルを知らせるLEDはコチラにあります。
%E2%91%A22011.8.29%20023.jpg

お気づきでしょうか? 一番熱がこもって水が減りそうなセル(条件が悪いセル)を選び
レベルセンサーを取り付けています。

一般的なレベルセンサーは、端子から三番目のセル、つまり外側で鉄箱の接しているため
放熱効果があり、水の減りが遅いセルについてます。

海外が良いという訳ではありませんが・・・・
なぜ一番条件の悪いセルでレベルを管理しないのでしょうか?
※ フィラデルフィアのセンサーは、GSユアサ、KOBE、中国製、韓国製、のバッテリーにも対応します。

バッテリーが長持ちする維持管理を提案しています。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

建築現場の自走式高所作業車のバッテリー

東京は、まるで墓石のような高層ビルやマンションが立ち並び、
ヒートアイランド現象でムンムンしてます。

そんな中、現在建築中のスカイツリーは、東京の新名所として期待されますね。

2011.8.17%20006.jpg

現在建築中?、つまり内装工事をやっているんだと思います。
こんな感じなのかもしれません。

内装工事で活躍するのが、高所作業車です。
   %E9%AB%98%E6%89%80%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E2%91%A0.JPG

   %E9%AB%98%E6%89%80%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E2%91%A1.JPG

※屋内で建築中ということもあり、バッテリー駆動です。 ※ バッテリーは EB100
EB100.JPG


これ、建築現場へのレンタルから戻ってきた高所作業車です。
%E2%91%A02011.8.18%20Act%20.jpg

とにかく、ひどい状態です。

 拡大すると・・・
%E2%91%A12011.8.18%20%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg


・充電中に電解液が溢れています。
・バッテリー表面に建築材料がドッサリです。
・補水管理をしていない事がわかります。

EB100は、高価なバッテリーです。
使い捨てでは、もったいないどころの話しではありませんね。

車両管理をしているセンター長様には、
  ①バッテリー中和・クリーナーでバッテリー上面を中和洗浄しましょう。
  ②補水ガンで“だれがやっても入れ過ぎない”補水をしませんか?
  ③一括補水(インジェクター式)なら、数秒で補水ができますよ!
  ④開放型 or シールドタイプ ? その前に、セミシールド化を検討しませんか?
をご提案しました。

現状に満足せず、数歩先を読むんで検討を進められています。
さずが、リーディングカンパニー!です。

費用対効果だけで、見落としてませんか?(2010年8月)

2010年8月、暑い日が続いています。

バッテリーは液枯れ注意報が警報に変わる状況です。


先日、作業員の時給を基準にしての費用対効果しか評価できない企業がありました。

※ フォークリフトのバッテリーは高額です。維持管理、きちんとやってますか?
  答えは、「やらせている。特に、困っていない」・・・・・ 残念な、管理者様です。


さて、改めて フロートを使わない“インジェクターバルブ”です。
             %E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4.JPG

圧倒的なシェアを誇る、トヨタL&Fが販売する 7FB用 のバッテリー(48V)に装着。
補水時間:約5~8秒
TOYOTA_7FB.JPG

トヨタの牽引車、“タグノバ”のバッテリーはご覧のようにバッテリーの
液栓キャップのピッチが狭く、補水作業がとても面倒でした。

だから、一括補水(インジェクター)に改善!改善!やってます。
補水時間:約3~5秒
%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%90.JPG




そして、2010年、夏。
  「コストがねぇ~」と、残念なことしか仰らない管理者様は既に差をつけられています!

企業は、スピードが命なんです。と、「スピード=利益」、と評価されるご担当者もいらっしゃいます。

このご担当者様曰く、「物流はアメリカ、ヨーロッパの方が進んでいる!」との事です。
   ※弊社の補水システムは、アメリカ工場から輸入されています。(Made in USA)

フィラデルフィアの補水システムは、米国、ヨーロッパ、豪国、韓国で多くの実績があります。
海外は、バッテリーメーカーも数社が競争していて、良いものが選ばれて使われています!
  ※国内はGSユアサ、新神戸の2社しかない、独占的な状況なので情報も閉鎖的なんですね。


フィラデルフィアの一括補水(インジェクター)専用カートの出荷前検査です。

%E2%91%A02011.8.13.jpg

%E2%91%A12011.8.13.jpg

%E2%91%A22011.8.13.jpg

フォークリフトのバッテリーに、フロートを使わないフィラデルフィアの一括補水、インジェクターを
採用する企業様が増えています。


2010年夏、再生バッテリー工場を見にいく。

2011年夏の思い出・・・・

仕事ついでではあったが、鴉城(カラス城)を見て、美味しい蕎麦を食した。


国宝です。
2011.8.9%20000.jpg
黒いからカラス!でも、本当にカッコ良い!

2011.8.9%20001.jpg
  ≪拡大≫
2011.8.9%20002.jpg
やはり、ここではコレでしょ~ うまい!




出張の目的は、再生バッテリーを見に行く! でした。
2011.8.9%20003.jpg
  ・セルを入れ替えていました。
  ・72Vのようです。大きさも液栓も違ってますが・・・。
  ・魔法の液を入れて再生しているそうです。 
  ・本来、バッテリーは10年持つそうです。
  ・一括補水は水が溢れるので外している。
  ・液枯れしてダメになっているセルが多い。
  ・比重値と電圧だけでバッテリーを評価してます。
  ・PCも設備も無いので、放電テストは無理です。
  ・長年の実績によるノウハウがあるそうです。
  ・工場は汚なく、キレイとは言えません。
  ・換気/排水設備は、問題が・・・。
  ・タバコを吸いながらやってます。
  ・鉛/希硫酸、管理なんて関係ない!的でした。
  ・一生懸命やっている事が伝わってきました。

以上は全て事実です。

しかし、いろいろ考えさせられる一日でした。





真夏の不思議現象、鉛バッテリー編。

海外からの情報です。

キレイではないフォークリフトのバッテリーを測定してます。


≪確認!≫ 24.89V
%E9%9B%BB%E5%9C%A7%EF%BC%91.JPG

それが・・・・・

ゲゲゲッ!
≪確認!≫ 101.4mV  ※端子での測定ではありません!

%E9%9B%BB%E5%9C%A7%EF%BC%92.JPG






お気づきでしょうか? この間、バッテリーの表面を洗浄しているのです。 
  ※もちろん、中和・クリーナーを使用し、安全面、環境面に配慮しておりますが・・・


           ご覧下さい ↓

%E2%91%A1F%E4%B8%AD%E5%92%8C%E6%B4%97%E6%B5%84.JPG
中和・クリーナーは希硫酸の反応すると色が変わるので"中和状況"が確認できます。


%E2%91%A3F%E4%B8%AD%E5%92%8C%E6%B4%97%E6%B5%84.JPG

この後、水で洗い流し、水滴はエアーで飛ばしているようです。  
   ※中和・クリーナーを使用しているので、中和を確認した後の処理です。






■ゴルフカート編です。


   洗浄前
≪確認!≫ 35.65V
%E9%9B%BB%E5%9C%A7%EF%BC%93.JPG


   洗浄後
≪確認!≫ 48.0mV
%E9%9B%BB%E5%9C%A7%EF%BC%94.JPG




何か、トリックがあるのか?

産業用バッテリーにとても詳しいと口コミで評判の、
『バッテリーのお医者さん』を知っているので相談してみます。
 ※やはり、東北にいらっしゃいます!



鉛バッテリーと労働災害、環境汚染の対策に

2011年、夏。
フォークリフト、産業車両、ゴルフカート、UPS、等、
産業用バッテリーの安全管理製品・システムを提供する
Ramsey Japan が、Facebookを開始しました。
FB%20RamseyJapan.JPG


特に、鉛バッテリーに関連した労働災害や、環境汚染の対策に貢献します。

フォークリフトに海外製バッテリーが・・

トヨタ(トヨタL&F)、ニチユ(ニチユMHI)は、フォークリフト販売シェアの
ワン・ツーで、共にバッテリーフォークのシェアが高いという特徴がる
ようです。

その他といっては失礼かもしれませんが・・・

住友フォーク、TCM、コマツリフト、日産フォークリフトの4社は、
エンジン、建機が元になっており、港湾荷役で大活躍する車両、
つまり、エンジン車がもともと強いという背景があるようです。

しかし、統計からもわかるように、バッテリー車がエンジン車を
上回るようになり、各社がバッテリー式フォークリフトの販売強化を
進めています。

そこに大きな問題があります!

フォークリフトのメーカーは6社、しかし、バッテリーは2社なのです。
※ 2社は、GSユアサ、新神戸です。

一般的な販売戦略的として、価格競争はしない工夫を考えますね!
そうすると、1物件1社の戦略となり、競合しない様にコントロールが
できる仕組みが出来てしまいます。
※これ以上はマズイ部分に踏み込みそうなので止めます。


海外製の輸入バッテリーというと、中国製?、韓国製?と聞かれますが、
いえいえ、米国やヨーロッパのバッテリーも実は使われているんです!

これ、HAWKER(ホーカー)バッテリーです。
※キャップと接続方法がヨーロッパ仕様ですね! フロートがありません!
2011.6.22_L%26F_%20004.jpg

残念ですが、GSユアサ、新神戸のフロートキャップは日本仕様なので使えません。

フィラデルフィア(PS)の補水システムは、アダプターで世界中のバッテリーに対応してます。
2011.6.22_L%26F_%20009.jpg


ほらね! 一番右の“プッシュイン・タイプ”で対応します。
2011.6.22_L%26F_%20001.jpg

物流現場では、海外製の車両もあり、さまざまなバッテリーが使われます。

その全てのバッテリーに対応するのが、フィラデルフィア(PS)の補水システムです。
(ちょっとだけ強気で言うと、「世界標準」なのです)

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

蓄電池がこうなることをご存知ですか

バッテリーフォーク用蓄電池は、定期点検、適時交換を怠ると・・・
蓄電池がこうなることをご存知ですか


注意が必要な状態をまとめた貴重なパンフレットを入手しました。

(ドキッとするコピーです)
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B_1.JPG

赤枠を付けた箇所を特にご注意ください。

%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B_2.JPG

・素手で触ってはいけません!
・硫酸の漏れ・鉄箱腐食・硫酸結晶は、水で洗い流してはいけません!

※これは、2008年5月の資料です。

2011年、
希硫酸、鉛は有害な物質です。今は、作業員の健康管理、安全管理が
向上しています。
【例】
※キャップを開けずに補水ができる。(フロートは触らない)
※希硫酸は中和してphを確認して処理する。(水で洗い流さない)


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

安いバッテリー液をお探しでは?

バッテリー(鉛蓄電池)は、充電中に水が電気分解により、
水素と酸素に電気分解されます。

バッテリーが劣化していくと、充電時間が延びたり
過充電してしまう傾向にあり、水がどんどん減ります。

暑い日が続くと、水がどんどん減る傾向にあります。

つまり、これから暑い日が続くと水は予想以上に
減っているのです。

バッテリー液、買ってませんか?

例:20Lの箱を送料分を吸収するため、10個まとめて買う・・・なんてこと
  結構あります。

20kgの箱を10個を、 入荷~出荷まで保管
             納品時に車に乗せる~ユーザー指定場所へ
             空き箱を回収・・・・

  ●保管スペース、 もったいない・・・・
  ●結構な肉体労働、 疲れる・・・・・・

これで、リッター約100円 です。


リッター 25円以下にできる方法があります。

%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%20USA.JPG

■物流倉庫では・・・
%E7%89%A9%E6%B5%81%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%AA.JPG

■ゴルフ場では・・・
%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%AA.JPG

水道水の蛇口に直結し、精製水を自家製造します。

リッター約25円以下で、必要な時、必要な量を使えます。

コスト削減をご検討ください。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリー(鉛蓄電池)は、なぜ液が減るのですか?

車のバッテリーはもちろん、
電動のフォークリフトやゴルフカート、牽引車、
浦安方面にあるネズミ―ランドのパレード、あれも
鉛バッテリー(鉛蓄電池)が使用されています。

そのバッテリーが、爆発・燃焼する事故が稀に起こりますが、
原因の多くは“水”なんです。

では、なぜ液(水)が減るのか?

電池工業会より
%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%B8%9B%E3%82%8B.JPG

これからの季節は、液の減る量が増える!そうです。

水枯れは大きな事故の原因となります。
鉛バッテリーの液面レベルを確認して下さい。


海外で活躍しているバッテリーの「メンテナンス用品」「セーフティー用品」を
揃えています。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

バッテリーの安全管理をご提案

あっ!、やばっ!

バッテリーをひっくり返し、電解液がこぼれる・・・・

なんてことは、通常あまりないと思います。
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%BB%A2%E5%80%92%202.bmp
しかし、リーチタイプのフォークリフトの場合はバッテリーが横引き出しで、
補水する時や交換する時に結構“ひやり”とすることが多いようです。

鉛蓄電池の電解液は、希硫酸なので床面や、車輌を腐食させます。

いえいえ、その前に、人体にはとても有害なんです!
是非、バッテリーのMSDSをご覧ください! MSDS:製品安全データシート

眼に入った場合は失明する可能性があり、
発癌の危険性なんかも明記されています。

万が一、流出した場合に水で流すと、水中の生物に対してもダメージを与えます。
また、土壌中のバクテリアなんかは、数億のレベルで確実に死滅させる程
環境に対する負荷があるんです。

では、どうすれば良いのか? 

適切な処理をしなければならないのです。 適切な処理とは、まずは “中和” です。

そこで、バッテリーフォクリフトを使用されている企業様宛にご案内中です。


【FaxDMでお届け中】

FaxDM%20RamseyWeb.JPG


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


<Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

電解液の中和剤のお試し品を用意しました。

鉛蓄電池の電解液が噴きでたり、転倒したり、床面に流出したりした場合、
中和して処理しなければなりません。

理由は・・・・、環境面のみならず、人体へダメージ(影響)を与えるからです。

「中和・クリーナー」は好評で、多くの問合せも頂いております。
Web%20PSRG-2400-Q4.JPG

そこで、お試し品(サンプル)を追加でご用意しました。

■電解液の中和・クリーナー  ※カラーインジケーター機能付き
DSCF2859.JPG

■電解液の中和・吸着剤    ※カラーインジケーター機能付き
DSCF2863.JPG


ご用命下さい。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフトの安全講習にバッテリーは?

フォークリフトのユーザーの健康と安全のため、労働安全衛生法には
幾つかの項目があります。

年次点検は罰則もあるので、企業としてキチンと取り組まれていおり、
機台販売のシェアNo.1トヨタL&F、第2位のニチユMHIをはじめとする
フォークリフト販売・サービスをする会社は年次点検のみならず、
ユーザー企業に対して安全講習も積極的に行ってます。

今やシェアの50%はバッテリー式なので、鉛蓄電池、つまり鉛バッテリー
の維持管理、安全管理についてご提案するというプランがあります。

そこで、法規を確認してみました。
ご覧下さい。
%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%AE%89%E5%85%A8%E8%A1%9B%E7%94%9F%E6%B3%95%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

鉛、希硫酸ともに人体には有害です。

維持管理と安全管理をアイテムを通して提案します。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

鉛バッテリーの工場見学 ( 工場潜入 ? )

鉛バッテリーの工場見学ができるサイトを見つけました!

オートメーション化された工場の量産ラインみたいです。

先日工場視察に行った韓国のバッテリーメーカーの工場には数人の工員さんが働いており、
説明では、クオリティーを上げるにはどうしても人手をかける必要があるんだ!と、力説して
おりました。

エンジン始動用のバッテリーと、フォークリフトや電動車両用バッテリーでは
用途が違うので作り方も違うそうですが、大体こんな感じのようです。


おもしろい話しも聞きました。

調子が悪かった中国製のフォクリフト用バッテリーを原因解明の目的で
分解したそうです。


そしたら・・・・・


セパレーターが入って無かったそうです。

これは、人的ミスです。


さぁ~、ここで問題。

バッテリーは構造的に10年もつんだ!

JIS規格にある!  という話しを聞きますが、

そのことが明記されている「JISの番号」をご存知の方は是非教えて
頂けないでしょうか。

いままで、そう仰る数人の方に質問しましたが、回答がありません。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

鉛蓄電池の電解液(希硫酸)のMSDSを確認

鉛蓄電池の電解液は硫酸を含む液体なので、
『製品安全データシート(MSDS)』の提示が必要です。

なぜ? って、大切な事が明記されているからです。

   ・どのの会社が販売しているのか?
   ・成分は?
   ・危険物質はないか?
   ・万が一の処置方法は?  

などがキチンと明記さえているんです。(個人向けというよりは法人向け)

つまり、バッテリーフォークリフトを使用する企業は作業員の安全確保のため
確認しなければなりません。

フォークリフトメーカーは、トヨタ(トヨタL&F)、ニチユMHI(日本輸送機と三菱重工)
コマツ、TCM(日立建機グループ)、住友ナコマテリアルハンドリング(住友と神鋼電機)
日産の6社ですが、そこにバッテリー供給する国内2台メーカーを探すと ・・・・・・

GS%E3%80%80MSDS%E3%80%80%E6%8A%9C%E7%B2%8B.bmp
G社となっていますが、フォークリフト用バッテリーの圧倒的なシェアをもつ
GSユアサがWebで公表している資料から抜粋しました。

※ 新神戸電機(KOBE)は、Webでは見つけられませんでした・・・(無い?)

古河電池は?
%E5%8F%A4%E6%B2%B3%E3%80%80MSDS%E3%80%80%E6%8A%9C%E7%B2%8B.JPG

GSユアサ、古河電池(FB)共に、有害性・応急措置・漏出時の措置など、大切なことが
明記されています!

バッテリーフォークリフトを使用している企業は、バッテリーメーカーが用意する
MSDSの内容に基づき、安全管理をしましょう!

電解液の中和・クリーナー (鉛バッテリー用)
Web1%20PSRG-2400-Q4.JPG

電解液が眼に入ったり、体にかかった時に使用する「アイウオッシュ・スタンド」
%E5%B0%8F1%E3%80%80%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%88PSK%29.JPG

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


<Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

労働安全衛生法をみたす救急用具・安全装備です。

労働安全衛生法によりフォークリフトは定期自主検査、
特定自主検査(年次検査)が義務づけられています。

年次検査をしてないと、50万以下の罰金がかせられる!と、
キビシイものがあります。  ※ 万が一の事故の際は保険対象の問題もあり!

これらは、企業が自社防衛するためにも必要なのだと思います。


一方、従業員の安全衛生を守る目的の条項も労働安全衛生法にあります。

第9章 救急用具
(救急用具)
第633条  事業者は、負傷者の手当に必要な救急用具及び材料を備え、
その備付け場所及び使用方法を労働者に周知させなければならない。


つまり、救急用具・安全装備なのです!

ご覧下さい。
%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%88PSK%29.JPG
PSのデオナイザーの横には、希硫酸が体にかかってしまったら先ず眼を洗浄し、
衣服ごとシャワーで洗い流す「アイウォッシュスタンド」があります。
※バッテリーの充電エリアには万が一の事故に備え、救急用具・安全装備が
  用意されています。(デオナイザーと同じ水供給が必要)

希硫酸が流出した! その場合に備えて・・・  【中和・吸着剤】
     %E5%B0%8F%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%92%8C%E5%90%B8%E7%9D%80%E5%89%A4%E3%80%809%EF%BD%8B%EF%BD%87.JPG

希硫酸をこぼした! その場合に備えて・・・  【中和・クリーナー】
%E5%B0%8F%E3%80%80PSRG-2400-Q4.JPG


    安全装備、ありますか?

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

トラックのバッテリー補水が楽ちん

トラックのバッテリーは車載したまま補水すると
側面からレベル確認ができないので大変です。

つまり、面倒。

煩わしい(ワズラワシイ)のです。

いちいち補水のためにバッテリーを下ろすのは、
とても面倒で煩わしい作業です。

しかし、車検のときは補水をするという整備工場さんが
結構いらっしゃいます。

自動停止機能付きの補水ガン「GUN-J」を使うと
車載したまま奥が見えなくても自動停止するので
溢れることなく簡単に補水ができます。 (らくちんです)
%E2%91%A5DSCF.JPG
ガソリンスタンドのノズルと同じように、レバーを握ると水が出て、
いっぱいになると自動で停止します!


バッテリーの模型です。
%E2%91%A0DSCF.JPG
12Vの模型なので6セルですが、トラック・バスは12V直列で
24Vですから12セル。すべてキャップを外して同じレベルに
補水するのは大変です。

PS補水ガン「GUN-J」で補水するとこんな感じです。

キャップを外してノズルの先を差し込みます。
%E2%91%A1DSCF.JPG

ノズル先端に液面がくると“自動停止”するのでレベルが一定になり、
あふれません!
  %E2%91%A2DSCF.JPG

%E2%91%A3DSCF.JPG

豊富なメンテナンスアイテムがあります。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp

Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

新しいフォークリフト用バッテリーはレンタルも、お得です。

日本のスペック、つまり、バッテリーを使うお客様(ユーザー)の事を考えた
新しいコンセプトのバッテリーが登場しました。

フォークリフト用バッテリーにPhiladelphia Scientific(PS)のアイテム、簡単脱着できる
フロート式一括補水システムのStealth(ステルス)と、任意のセルを選んで設置する
液面レベルセンサーSmartBlnky(スマートブリンキー)が装着されています。

%E2%91%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC.JPG

液面レベルセンサーをバッテリーの上面で表示して管理するバッテリーは
海外ではスタンダードですが、国内で標準化するのは間違いなく初めてです。

%E2%91%A1%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC.JPG


ご覧下さい!


Japan Technology です。

%E2%91%A2IBJ%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0.JPG

このバッテリーは、Industrial Battery Japan(IBJ) が大手企業に
レンタルで納入を開始した一号機(台?)です。

トヨタのフォークリフト 7FB15 用のバッテリーで、日本のJISのスペックを満たし、
5年以上の評価を経て大手企業(K社グループ)にレンタル納入を開始しました。
 ※再生バッテリーではありません。 鉄枠もすべて新品です。

導入した大手企業は、フォークリフトのバッテリーコストを削減する効果と
レンタルなのに日常の管理にかかる時間コストも抑えられる点を評価し
導入を決めたそうです。

※バッテリーを見れば、液面の状況が3段階で分かります。
  補水に関しても、PSの一括補水が付いているので短時間で
  簡単に作業ができます。
 
そして、何より作業員(お客様)が人体に有害な物質である 希硫酸
接触せずに済むようにという安心・安全にも配慮しているのです。

    コンセプト            スペック               効果
鉛と人体の接触を避ける   PS一括補水システムを装着  キャップを開けずに補水ができる
希硫酸に触れない       PSの中和・クリーナーを用意  スプレーして希硫酸を識別判断
希硫酸による腐食防止    PSの中和・吸着剤を用意    流出した場合は安全に中和吸着

※中和・クリーナーで希硫酸に触れずバッテリーをキレイにお使い頂きたいそうです。

%E2%91%A3%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9.JPG


コスト削減効果があり、バッテリーが長持ちする仕組みがある
新しい日本スペックのフォークリフト用バッテリーは、
  Powered by Philadelphia Scientific  なバッテリーです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp

バッテリーの事故対応用品もご用意してます。

Philadelphia Scientific(フィラデルフィアサイエンティフィック:PS)は、
グローバルパートナーの Ramsey group が製造するバッテリーの
Safty Products をお届けしています。

バッテリーが転倒した場合など、希硫酸が流出した時には
PSの中和・吸着剤をご使用いただき、安全かつ環境面に
配慮した処理をご提案しています。

バッテリーのメンテナンス用品として、万が一の事故に備えて、ご使用下さい。

   %E4%B8%AD%E5%92%8C%E5%90%B8%E7%9D%80%E5%89%A4%E3%80%809%EF%BD%8B%EF%BD%87.JPG     30%25%E3%80%80PSRG-3050.JPG
    ボトル(9kg入り)               ペール缶(約20kg入り)

  Ramsey%20demo%20AAb.JPG

Ramsey group は、Philadelphia Scientific group の グローバルパートナーです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



ゴルフ場のカートも補水で寿命がかわります。

ゴルフ場のカートも、エンジンカートからバッテリーカートへと電動化が進んでいます。

海外ではエンジンよりバッテリーが主流だ! と聞いたことがあります。


外資系グループのゴルフ場でもこのタイプのゴルフカートが多く、バッテリー再生業者さんや
延命装置を販売する企業はフォークリフトのバッテリー再生・延命と同様、ゴルフカートも一箇所
に50台以上あることもあり、ターゲットとしているようです。

そこで問題になるのが、メンテナンス、つまり、補水管理 です。


ご覧下さい。
Deio%26GUN.JPG

①PSのデオナイザーで水道水からバッテリー補水用の精製水をつくる。

②バッテリー式カート(40L)で精製水を持ち運びます。

③PS補水ガンで効率良く補水します。   これです。
%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AB%E8%A3%9C%E6%B0%B4%EF%BC%88%E3%82%AC%E3%83%B3%EF%BC%89.JPG
※バッテリーの作業(補水も!)をする時は、ゴーグル&グローブ 着用です。

ガソリンの給油方法と同じで、ノズルを差し込み、規定レベルで自動停止します。
※ 自動停止機能付きなので、一定レベルで自動停止します。

ゴルフカート用のバッテリーを再生することはできませんが、延命することは可能です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



バッテリーはきれいにすると長持ちする?

産業用エネルギーを効率良く使い、環境面にも貢献している鉛バッテリーは、
過酷な状況下で使われるため、こんなに汚れてしまいます。(型式も不明)
%E2%91%A0%E5%87%A6%E7%90%86%E5%89%8DEB.JPG

PSの「中和・クリーナー」で、たまにはバッテリーをキレイにしてあげようという取組みです。

鉛蓄電池には希硫酸が含まれるため、中和しながら安全・衛生・環境的に作業をします。
       RG-2500.JPG

        鉛バッテリーにスプレーします
%E2%91%A1%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BCEB.JPG
        
        注意:希硫酸に反応すると赤く変色します。
%E2%91%A2%E5%A4%89%E8%89%B2EB.JPG

        クリーナー成分を浸透させます
%E2%91%A3%E6%B5%B8%E3%81%99EB.JPG

       拭き取ります
%E2%91%A4%E9%99%A4%E5%8E%BBEB.JPG


ご覧下さい。 安全に中和しながらバッテリーを綺麗にできます。(半分だけ処理しました)
%E2%91%A5%E5%87%A6%E7%90%86%E5%BE%8CEB.JPG
 ※ 型式がハッキリ見えるようになりました。


汚れを洗い流すだけでは、環境的に大きな問題があります。

PSの中和クリーナーで 適切な処理 をしながらバッテリーをキレイ(大切)に
使ってみませんか?

バッテリーの再生はできませんが、延命は可能です。

Ramsey group は、Philadelphia Scientific group の グローバルパートナー
です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



鉛バッテリーの希硫酸がこぼれたら、PSの中和吸着剤で処理できます。

バッテリー交換の際など、万が一、バッテリーが転倒した場合に "消火器" のように使っていただく、
希硫酸の「中和・吸着剤」に、設置しやすい 9kg 入りボトル が登場しました。
%E4%B8%AD%E5%92%8C%E5%90%B8%E7%9D%80%E5%89%A4%E3%80%809%EF%BD%8B%EF%BD%87.JPG

鉛バッテリー(鉛蓄電池)は電解液に硫酸濃度:約38%の希硫酸が使われいるので、
機台や床面の腐食、バクテリアや小さな微生物を確実に死滅させるほど危険な物質です。

PSがお届けする Ramsey group の中和・吸着剤は、こんな感じで希硫酸がこぼれて
床面を腐食するのを防ぎます。


■約50ccの電解液です。
%E2%91%A0%E5%B8%8C%E7%A1%AB%E9%85%B8%E3%82%92%E6%8A%9C%E3%81%8D%E5%8F%96%E3%82%8B.JPG


■約20gの中和・吸着剤を散布します。
%E2%91%A1%E5%90%B8%E7%9D%80%E5%89%A4%E3%82%92%E6%95%A3%E5%B8%83.JPG

■水分を吸わせるようにかき混ぜます。
%E2%91%A2%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B7%B7%E3%81%9C%E3%81%A6%E7%A2%BA%E8%AA%8D.JPG


■処理完了。 電解液は吸着されました。
%E2%91%A3%E5%87%A6%E7%90%86%E7%B5%82%E4%BA%86.JPG

Ramsey group は、Philadelphia Scientific group の グローバルパートナーです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



バッテリーが転倒!液が流出!

バッテリー交換時、載せ換え作業中にバッテリーが転倒する事故が
発生した場合、どうしますか?

①ぶつかって怪我をする?
②電解液が床を腐食?
③電解液が荷物にかかる?

②は、間違いなく発生してしまいます。
     %E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%BB%A2%E5%80%92.JPG

そんな事故が発生した場合に備え、ぜひ装備しては如何でしょうか?

鉛蓄電池の電解液用、中和・吸着剤です。
  Step:1 流出した電解液が広がらないように"土手"を作ります。
     ~ 電解液を吸着させる様にホウキ等で中和・吸着剤を絡ませます ~
     %E9%9B%BB%E8%A7%A3%E6%B6%B2%E3%82%92%E4%B8%AD%E5%92%8C%E4%B8%AD.JPG
  
  Step:2 ホウキ等で集めて廃棄します。
     %E4%B8%AD%E5%92%8C%E3%81%97%E3%81%A6%E5%90%B8%E7%9D%80%E5%BE%8C%E3%81%AB%E5%BB%83%E6%A3%84.JPG
                                         ※画像提供: Ramsey group

鉛蓄電池、つまり、鉛バッテリーがあるエリアには『消火器』のように配置しては如何でしょうか?

Ramsey group は、Philadelphia Scientific group の グローバルパートナーです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



鉛蓄電池の電解液を中和処理

鉛バッテリーの電解液(希硫酸)の中和クリーナーのご紹介です。

RG-2500.JPG

バッテリー液/希硫酸を中和して、バッテリーがキレイになるクリーナーです。

インジケーター機能付なので、希硫酸に反応すると「赤」くなり
中和されると色が消える・・・・という優れモノです。
%E4%B8%AD%E5%92%8C%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9.JPG


安心・安全にお役に立ってます。
%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%BC%B6.JPG

※製造元:Ramsey グループ と Philadelphia Scientific グループ は、
  グローバルバートナーです。


MSDS、お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp




安全対策商品が作業員(フォークマン)を守ります!

巨大物流施設のバッテリールームには、PSデオナイザーと
インジェクターバルブ(PS一括補水)用のタンクがあります。
%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%83%87%E3%82%AA%EF%BC%88PSK%EF%BC%89.JPG
この右方向に目をやると・・・・

%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%88PSK%29.JPG
お気づきでしょうか?
アイウォッシュのスタンドがあります。
(目洗い用スタンド・シャワー付)

これも私どもが電解液の中和クリーナー・吸着剤と併せてお届けしています。
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89.JPG

バッテリー周辺で作業する場合、間違って希硫酸に触れる場合があります。
万が一、そのような事故があった場合、すぐにシャワーで洗い流す事が
できます。
また、ゴーグルをしていても、電解液が誤って目に入ったらすぐに洗い流す
ことができるよう、予め設備に組む込まれているんです。



お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



フォークリフトのバッテリーが破裂した事例

フォークリフトのバッテリーが破裂した画像もある
災害事例があると聞き、早速入手しました。

充電後、すぐに破裂するのではなく、稼働中、つまりフォークマンが
座席にいる時に破裂(爆発)するケースが多いようです。

その理由は、
①充電をすると電解液は沸騰状態になります ・・・・・ 必ず液は減ります(ガスも発生)

②液が減り過ぎて電極が露出してしまった場合 ・・・・ 衝撃でスパークする可能性有り

上記、①+② で、爆発(破裂)ということではないでしょうか。

入手した資料はこれです。↓
%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E7%A0%B4%E8%A3%82.JPG
≪出処≫社団法人 建設荷役車両安全技術協会HP
    http://www.sacl.or.jp/kinfo/post_86.html 


でも、なぜ?

一括補水のシステムが付いているのに・・・・・

液面レベルセンサーも付いているのに・・・・・

  A:インジェクターバルブを使用したPS補水システム

  B:液面センサー“SmartBlinky”を使用した液面管理

A+B で、バッテリーの事故予防(災害予防)が可能です。



お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



大きな物流施設でのバッテリー補水はインジェクターでした。

(おそらく)極東地区最大級の物流施設のバッテリールームです。

BT%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B7%A6.JPG

バッテリーの補水方法を確認すると・・・・

やはり、一括補水が付いてます!

ご覧下さい。浮き(フロート)式ではなく、インジェクターです。

           %E2%91%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4.JPG


BT2%E5%80%8B.JPG

補水するタイミングは、液面センサーの点灯で判断しているそうです。
BT1%E5%80%8B.JPG
     レベル設定と設置するセルが選べます! これがスタンダード!
     %E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BC%89.JPG


これは最近納入したバッテリーに付けたようです。(この日も2台に取付け依頼あり)
BT%E3%80%80R1%E5%80%8B.JPG



お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



極東初!バッテリーマネジメントが設置されました。

巨大物流施設のマテリアルハンドリングシステムです。
~物流施設のコスト削減に貢献~

左側のラックには、フォークリフト用の48Vバッテリー
BT%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B7%A6.JPG

右側のラックには、ハンドリフト用の24Vバッテリー
BT%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8F%B3.JPG

そして、真中にはラックからバッテリーを出し入れする巨大ユニット!
BT%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%B8%AD%E5%A4%AE.JPG

24時間稼働する巨大な物流倉庫(TESCO系)では世界的に同様のシステムで
ハンドリングされているそうです。

これだけバッテリーが24時間頻繁に出し入れされ充電・放電されますが、
バッテリーの管理はどうなっているのでしょうか?

これまでは、充電器の終了ランプ点灯を探してから交換していました。
しかし、時間がかかる問題と、充電途中でも適当にプラグを抜いて
持ち出すオペレーターも多かったようで、バッテリーの持ちが悪く、
バッテリーの購入コストが巨額になっていました。

そこで、フィラデルフィア サイエンティフィックのバッテリーマネジメント
システム「iBOS(アイボス)」システムを導入することになったそうです。

BT%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AFiBOS.JPG

%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%ABiBOS%E3%81%AE%E7%9B%A4.JPG

何がわかるかっていうと・・・
%E5%A3%81%E9%9D%A2%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB.JPG
壁面に設置した「ディスプレイ」には充電完了のバッテリーNoが表示されます。
間違ったバッテリーを持ち出そうとすると、「スピーカー」から警報が鳴ります。

持ち出し可能状態のバッテリーを知らせます。
%E5%A3%81%E9%9D%A2%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%82%E3%82%8A.JPG

バッテリーを集中管理して効率の良い使い方、状態、状況をPCで遠隔管理します。
iBOS%20PC%E7%94%BB%E9%9D%A2.JPG

余分なバッテリーを減らし、大きくコストダウンが可能です。



お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



物流コストの削減に貢献

水道水からバッテリー補水用の精製水を作る
PSデオナイザー

コスト試算を是非ご覧下さい。

~物流施設のコスト削減の貢献~

%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%80%80%E8%B2%BB%E7%94%A8%E5%AF%BE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%202.bmp

「まだ精製水を箱で買いますか?」



お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



バッテリーライフヒストリーモニター eGO!

ムムッ、 バッテリーの上で怪しく光るものがあります。




eGO%21%E3%80%80%E5%8F%96%E4%BB%98%E6%99%82.JPG




これは、

eGO%21%E3%80%80%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B4.JPG
     ※ eGO!(イー・ゴー)というモニタリング装置です。





一例ですが、こんな表示をします。

eGO%21%20%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA.JPG

【電圧】【液面レベル】【バッテリー温度】を常時モニタリングする優れモノです。
   
過放電・過充電や、液不足なのに充電してしまった!や、異常に加熱している?
充電後にクールダウンしないまま使用している!など、バッテリーの寿命が短くなる
原因をモニタリングするんです。


ごらん下さい。
海外では量販しているアイテムです。

※写真は「ウォーターコントロール機能付き」です。
→これは、充電後に液面レベルが低下していた場合、一括補水のバルブを開く!という
 まさに「補○くん」を上回る機能がオプションで付いています。

このほか、「エアーミックス機能」もあり、充電時のガッシング時の過熱を防止し、
効率良い充電ができるようサポートする機能があります。
   eGO%21%20%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.JPG




そして、データは独自開発のソフトで管理できます。
eGO%21%20PDA%E8%A1%A8%E7%A4%BA.JPG




バッテリーの使用履歴とメンテナンス状況から『寿命判断』をするデバイスです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



一括補水で水が入ってない

一括補水が付いているけど・・・・漏れている事例です。


恐れらく、バッテリーを横に引き出して作業する際にレベルに異常があり、
漏れるゾーンと漏れないゾーンがあるのかも知れません。
%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%8B%AC%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E3%83%A2%E3%83%AC.JPG




分かりやすくするため、ゾーンを分けてみました。
%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E2%80%95%E3%81%AE%E6%BC%8F%E3%82%8C%E3%82%92%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%88%86%E3%81%91.JPG




Α と B に 気が付きましたか?




なんと! 電解液を調べてみたんです。

ご覧下さい。

Aは、正常です。 比重値もバッチリ!
%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E6%B6%B2%E3%80%80OK.JPG

オヤオヤ?
Bは、異常です。 黒く濁ってます。 もしかして、焦げた?
%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%80%80%E9%BB%92%E3%81%84.JPG

一括補水を装着したバッテリーは、水が溢れると作業がストップされる事が多く、
補水量が不足してしまうセルが発生します。

そのまま充電すると、電極は液から露出したまま充電されます。

焦げた程度なら日本のバッテリーは頑丈なので、問題無いかも知れません。

しかし、充電中に内部でスパークしたら! 爆発・炎上、間違いありません。

これ、結構ある事例です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.

http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




バッテリーの作業をする人の安全を考える

%E8%AD%A6%E5%91%8A.JPG


バッテリーの補水をする時も、ゴーグルと手袋をしなけりゃいけないの?




そうなんです。


ご覧下さい。デイビット君はバッテリーの作業(補水もです!)をする時は、
必ず「ゴーグル」と「グローブ」、つまりメガネと手袋をしています。%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%81%84%E2%91%A0.JPG


Mr.パクも「ゴーグル」と「グローブ」装着です。PS%E4%B8%80%E6%8B%AC%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%A2%A8%E6%99%AF%E2%91%A1.JPG




お、おい! パトリック! これはやり過ぎでしょう~。

いえいえ、有毒ガスも発生するので注意が必要なんですよぉ~!
マスクじゃ大事なヒゲを守れないので、首から上全部でいきました!
NLB%20%E6%95%A2%E7%84%B6%E9%98%B2%E5%82%99.JPG


鉛、硫酸、水素ガスなどの有害物質から身体を守ることも考え提案しています。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp



「一括補水のOリングが劣化する」を説明します。

一括補水が水漏れする原因に、Oリングの劣化があります。

なぜ、Oリング が? まるで悪者みたいですが・・・

では、ご説明します。

これ、一括補水用のキャップです。 共にフロート式です。
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97.bmp

どこに、Oリングがあるかと言うと・・・・












ご覧下さい。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%EF%BC%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0.bmp

こんなに小さなOリングがガッチリ水が漏れないようにT型パーツを
守っています。
ここは、結構ちからがかかるポイントです。

左側は、国内トップメーカーのモノです。 ※ 色が違います!(きっとすごい材質!)
右側は、ドイツ産のアイデアグッズです。 ※ アイデアは、スゴイのですが・・・


フロート式には、必ずOリングが使われているので、 必ず漏れるんです。

PS圧力式一括補水システムは、フロート式ではありません。

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




鉛蓄電池の水枯れ防止方法を検討

水枯れを起こすと、バッテリーの寿命は短くなります。

ご覧下さい。

3つの補水方法を時間を計りながら比較してます。

早い!簡単!確実! は、

PSインジェクター圧力式一括補水システムです。


お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




女性がリーチフォークに簡単に補水

何をやっているか、わかりますか?

これ、バッテリーフォークリフトの補水作業なんです。

しかも、女性がやってます。  ※素手でやっているのはダメですね!

%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%AB%E8%A3%9C%E6%B0%B4.JPG

バッテリーのメンテナンスで重要なのは「液を枯らさない事」、つまり
液の補充を定期的に確認することです。

それでバッテリーの寿命が大きく変わります。 ⇒ 延命効果??


これは、カウンタフォークに補水をしているところです。
%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E8%A3%9C%E6%B0%B4.JPG

お気づきでしょうか。

リーチフォークは、バッテリーを 横出しor 前出し せずに補水をやってます!

PSの圧力式バルブを使った PS一括補水システム は、タフな構造なので
溢れないからできる事なんです。

ご覧下さい。

デイビット君は、ちゃんとゴーグル装着で補水作業をやっています。
バッテリー作業時にゴーグル装着は、PSの資料には必ず最初に書いてある注意です。

   %E8%A3%9C%E6%B0%B4%E9%A2%A8%E6%99%AF.JPG

80L のカートで精製水を移動しながら、バッテリーに補水しているそうです。


お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



ゴルフカートや牽引車、清掃機等の電動車両



ゴルフカートや、牽引車、清掃機等の電動車両に使われている
トロージャンバッテリーに取り付けた事例です。(実車ではありません)


バッテリーは比較的低い位置に置かれるので、キャップの位置も低く
キャップを外して一つづつ補水するのは大変です。

ゴルフカート・牽引車は、同一施設で複数台使用されるケースが殆どなので
尚更、大変です。(時間もかかります)


国内のゴルフ場では、整備担当の方やキャディーさんが補水するケースが多く、
結構“充電中に溢れる”ようです。

  ●バッテリーのフレームが腐食し、プレー中にバッテリーが落ちた!
  
  ●キャップに浮き等の目印が無く、入れすぎて溢れた!

  ●キャップに浮き等の目印が無く、少なすぎて“炎上”した!

という事例を良く聞きます。


ご覧下さい。
%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%AB%E8%A3%85%E7%9D%80.JPG

簡単かつ正確に補水作業ができ、一台あたり3~5秒で補水が完了します。

生産現場で作業効率がUPすること間違いありません。

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



まったく新しい鉛蓄電池の補水システムです。





まるで、クモの巣みたいな配管です。


これがアメリカからやってきた " Spider " です。

Spider%20%E5%85%A8%E4%BD%93.JPG




購入者様のコメントです。
  ・とにかく、取付けが簡単。
  ・配管の取り回しもラクラク。
  ・いままでの常識にない補水システム。
  ◎ 気に入った!

標準タイプは、赤と黒です。
Spider%E3%81%AE%E5%95%86%E5%93%81%E7%94%BB%E5%83%8F.JPG

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



間隔が狭い小さなバッテリーも簡単になりました。



キャップだれけ・・・です。
1個づつキャップを空けて補水するのは、大変です。
%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%90%E3%81%AEBT.JPG




PSバルブ式の一括補水にしたら・・・・、短時間で作業完了になりました。
%E6%96%B0%E6%98%8E%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%90.JPG


産業用バッテリーのほぼ全てに対応します。(キャップもアダプターで対応)

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



シェアNo.1 のフォークリフトとバッテリーメーカーの事例



取付け前のバッテリーです。

%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%89%8DBT.JPG


取付完了
%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%BE%8CBT.JPG




キャップを開けずに補水ができて、時間もわずか5秒程度!
液も溢れず大変喜ばれています。


お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



エレキ の バッテリー にも ナノパルサー

おいっ、ジェリー!早く引き上げろよ! 何やってんだょ!
%E4%BD%95%E3%81%8B%E9%87%A3%E3%82%8C%E3%81%9F.JPG

おいっ、やっぱあっちの方が釣れるんだぁ!
%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%A9%E3%82%8C%E4%BD%95%E3%81%8C.JPG

遅れるな!急げぇ~
%E6%80%A5%E3%81%92.JPG
  ・
  ・
  ・
  ・

ナニが釣れたかわかりませんが、 ナノパルサー のお話しです。


赤○に気が付きましたか?
これ、バス釣りのボートに搭載されるトローリングモーター
  通称 『エレキ』 です。
%E3%81%93%E3%82%8C%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD.JPG

バス釣りをしないかたにはゼンゼン関係ないのですが、バス釣りにはとても需要なアイテムです。

静かにポイントに移動し、ボートが流れに流されないように少しづつスクリューをモータで回す
という大切なアイテムなんです! しかも、環境的!


そしてこれも、鉛バッテリーの電気が重要なんです。で、ナノパルサーがこれから活躍します!



トラックには PG-24H です。

で、これはナニ?
白いモノが見えます・・・・
BT%E3%81%AE%E4%B8%AD.JPG










答えは、この↓バッテリーの中の電極を覗いた写真です。
ずいぶん使い込んでいるバッテリーです。
BT%E3%81%AE%E5%8F%A3.JPG






街角でよく見かける「赤いタンクローリー」に、ナノパルサーを付けました。
%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF.JPG


トラックやバスは、12Vのバッテリーを2個直列で24Vになっています。

ナノパルサーは、PG-24H で対応します。

自動車には PG-12N です。

ナノパルサーが一番装着されているのは、やはり自動車です。

自動車には12Vのバッテリー(エンジン始動用バッテリー)が
必ず1個はあります。 ハイブリッドカーのプリウスにも1個あります。

 ↓これは、大阪の運輸会社社長さんの自家用車にパルスマン2号が
  取付けた時の写真です。
%E8%97%A4%E5%8E%9F%E7%A4%BE%E9%95%B7%E8%BB%8A.JPG


 ↓そしてこれは、寺○さんの自家用車に取付けた時の写真です。
   (配線はキレイにまとめましょう!)
%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9.JPG


で、↓これが端子のナットを緩めてナノパルサーの端子を挟み込んだ写真。
%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%80%80%E6%8B%A1%E5%A4%A7.JPG


ボンネットの中はかなり高温になりますが、ナノパルサーは大丈夫です。




アメリカのマリン用バッテリー



アメリカではマリン関係でナノパルサーはお役にたっております。

で、こんなふうに雑誌に広告も出しているんです。
     ↓↓ 
%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%9B%91%E8%AA%8C.JPG


『 オイオイ!バッテリー ニ コマッテイルンダッテ? 』
『 マダ バッテリーヲ コウカンシチャ ダメジャ ナイカ~ マリリーン(♀) 』
『 ナノパルサー ガ ア・ル・ダ・ロ・ウ !!!』
『 ワタシモ ヒトツ ホシイ ワァ~! ジェリ~(♂) ス・テ・キ・ヨォ~ 』
     みたいな感じで・・・ (たぶん・・)

   ↓↓


   ↓↓


%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%BA%83%E5%91%8A.JPG

船やボートもバッテリーがとても重要なんです。
エンジンが動いている時は、発電機が動いているので安心ですが、
沖に出てイカリを下ろしている時なんかは、エンジンを止めてバッテリーの
電気を使っているケースが多いようです。 で、そろそろ帰ろうか・・・という時
【エンジンがかからない】しかも【燃料も少ない・・・】となると、“漂流”です。

怖いですねぇ~


すごい人をご紹介

↓↓(クリック)↓↓
%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B4.JPG
間違いなく、これは世界一です!
このサイトには、鉛バッテリーに関する情報がたくさんあります。


代表者の【ハイグローヴ氏】曰く・・・
「ささやかながらでも、正確にブレの無い情報提供を心がけている」
とおっしゃってます。


すばらしい!


彼は、毎月数百個ものナノパルサーをお客様にお届けしています。
ということは、これまでどれだけ多くの鉛バッテリーを助けてきたか!
環境面で言えば、地球規模の社会貢献をしている!のです。


『バッテリー業界が封印してきた禁断の(秘)を公開!』という
メルマガも発行してますよ。


業界や各方面から様々な圧力もあるそうです・・・  「がんばれ!」

バッテリー ビンビン!の事例

北海道で農園を営んでいる方がテストをした事例です。


福祉機器にも使用されているバッテリーを 10.5V まで放電させ
その電圧と時間を測定しています。(7年経年して劣化したバッテリー)
       ↓↓

%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E7%92%B0%E5%A2%83.JPG


ナノパルサーを付けて3日後の放電曲線です。
%E3%83%80%E3%83%A1BT.JPG
フル充電から10.5Vまで 【27分30秒】 です。


ナノパルサーを付けて5日後の放電曲線です。
%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%97%E3%81%9FBT.JPG
なんと!フル充電から10.5Vまで 【49分5秒】 まで伸びました!


容量が回復していることが分かります。
バッテリーがビンビンです!


福祉機器のバッテリーにも効果あります!
(電動車椅子も!)