フロート式の一括補水器を点検します。

フィラデルフィアの一括補水器は、圧力式(インジェクター)の他に
海外OEM用のフロート式ステルス(Stealth)があります。
     Stealth_Valve.JPG

配管方法はチューブを差し込むとロックして抜けないという水漏れ対策も
考えられています。
個々のセルのレベルを確認できるインジケーターもあります。※見易い!

日本国内でも装着事例があり、GSユアサ、新神戸電機(KOBE)にはもちろん、
海外ブランドの輸入バッテリーにも装着されます。

Stealth_Level.JPG
フロートもスライド式で、新たに追加され計6パターンに対応します。


ここで大きな特徴があります!

フロート式の補水バルブは、他社製品も同様だと思いますが残念ですが漏れます。
自動停止が止まらない事もあります。

理由は、充電中の熱や異物の付着でフロートが上下しなくなったり、
バルブ内部のOリングが劣化してしまうという点にもあります。

そこで、フィラデルフィアのフロート式ステルスは、配管の脱着がし易く設計され
定期的に点検ができるようになっています。
50DSCF3217.JPG

そこで発見!

バッテリーと接するアダプターのOリングが延びてます。 (赤丸)
考えられる理由は、熱です。
過充電したのか不明ですが、間違いなく熱が上がってしまったようです。
50DSCF3220.JPG

一括補水器の不良だ!と指摘される方もいらっしゃいますが、そもそも
変形するほど熱が上がってしまうのは、管理不足と言えます。

ステルスは不具合のあるバルブは簡単に交換できますのですぐ対応です。
同時にバッテリーと充電器を調査するようご提案差し上げました。

バッテリーの熱(温度)は要注意なんです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

UPS用の鉛バッテリーの補水問題を解決します。

計画停電も話題となり、蓄電に取組む企業が増えています。

歴史と安定性、そして容量とコストから鉛蓄電池を採用する事例も
増えているようです。

※補水の手間が不要の“シールドバッテリー”はコストが高く寿命も短いので
 あまり良い事はありません。つまり、補水の手間を効率化するのがポイントです!

昨年から夜間に充電し、昼間にその電力を使用して万が一の停電にも対応するという
取組みを早くから採用した都内の企業様の事例です。
    
 ≪EB145を20個使用≫
1_UPS.jpg

液式のバッテリーを使用していますが、メンテナンスがあまり考えてられていない“残念な”設計です。

※この場合も補水が最も重要です! 液減りを確認するのにも大変ご苦労されてます。

ラックの奥にある液栓(ネジ式)も手で空けて補水をしなければなりません。 計120個です!
2_UPS.jpg




そこで改善提案!
PSのインジェクター(圧力式)一括補水でメンテナンスを効率UPです!
3_UPS.JPG

インジェクター(圧力式)一括補水を4ラインでセットしました。
4_UPS.JPG

補水作業は数秒で完了するので、こまめな液面確認とバッテリーの清掃(中和クリーナー)を
提案させて頂きました。

もちろん、万が一、希硫酸が床面に流出して施設を腐食させないよう“吸着マット”もお使い
頂いてます。

フォークリフトのバッテリーを使用した蓄電システムも増えています。
ぜひ、バッテリーの「維持管理」と「安全管理」も併せてご提案頂きたいと思います。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フロートを使わないインジェクター(圧力式)一括補水

トヨタL&Fのフォークリフト(7FBという機種)のバッテリーです。
7FB_before.jpg

※バッテリー再生業者さん泣かせの鉄箱です。

バッテリー交換でユーザー様が海外製のバッテリーを購入し、
「面倒な補水を何とかしたい!」という御要望に応えて
インジェクター(圧力式)一括補水がセットされました。

本来、48V(24セル)は40LのHydroCartを使用して補水するのですが、
WaterBOX(20L対応)を使用しての24V(12セル)毎にラインを取る方法で
セットされました。

7FB_after.jpg

実は・・・・
海外製の有名なフロート式一括補水を採用していたのですが、ポンプで圧をかけて
補水する為か、フロートの詰まりで水が溢れてしまうというクレームが発生していました。

PSのインジェクター(圧力式)一括補水は、フロートを使わない補水システムなので
補水作業が2ラインになっても短時間で作業ができます。

ポンプの電源をONにしてから約3秒で自動停止したので、一台あたり10秒程度です。

装着後の確認とアクリル模型を使っての補水状況の説明でそのスピードと精度は
十分にご理解いただけたと思います。

関西地区の大手製造メーカーの工場での事例です。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

GSユアサ、新神戸電機(KOBE)対応の一括補水(新スペック)

フロートを使わない圧力式インジェクターバルブを使用するフィラデルフィアサイエンティフィックの
一括補水は世界中でバッテリーに採用されています。

右から、ヨーロッパ「Push-In」対応、アメリカのトロージャン等の対応、EBバッテリー等の
スクリュー対応、そして、GSユアサと新神戸(KOBE)や一部の韓国製バッテリー用の
1/8Turnです。

それぞれのバッテリーとはアタッチメントで装着ができます。

左の2つは、やっと開発された個々のセルの内部状態を目視でき、比重測定も簡単に
できるよう改良されたインジェクターバルブとアタッチメントです。

%E2%91%A02012.4.17%20011.jpg
内部状態目視と比重測定を簡素化する要望は大手バッテリーフォークユーザーからの要望です。

液が有ると 「黒」  (先端が液中)
%E2%91%A42012.4.17%20017.jpg

液が減ると 「白」  (先端が露出)
%E2%91%A22012.4.17%20015.jpg


≪特殊対応品≫  ※試作中

液が有ると 「黒」  (先端が液中)
%E2%91%A52012.4.17%20018.jpg

液が減ると 「赤」  (先端が露出)
%E2%91%A32012.4.17%20016.jpg

特徴(メリット)
インジェクターバルブの一括補水の機能はそのままで、
①個々のセル内部が目視確認できます。
  ⇒ キャップを開けて液栓棒を指でコツコツやってレベル確認をする必要がありません。
②比重測定も簡単です。
  ⇒ キャップ(バルブ)はそのままで比重測定ができます。


私どもはそれぞれの国のニーズに合わせ、カスタマイズした製品をお届けします。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

セミシールドバッテリーは“良いとこ取り”

フォークリフト用鉛蓄電池(鉛バッテリー)のセミシールドバッテリーとは?

密閉されたシールドバッテリーではなく、半密閉のタイプです。

フォークリストのバッテリーは開放型で、定期的な補水が必要ですが、
その煩わしい(面倒な)補水の手間がない密閉型(シールドバッテリー)は
フォークリフトの場合、寿命と耐久性からとても高価なものになります。

その密閉型と開放型の“良いとこどり”できるのが、『セミシールド』です。
%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%AF%94%E8%BC%83%E4%B8%80%E8%A6%A7.JPG

良くある質問 Q&A

Q:フォークリフト用バッテリーにはなぜシールドタイプがないの?
 A:毎回の充電で電解液はかなりの量が減ります。それをシールドする技術は
   国内のバッテリーメーカーでは取り組んでいないようです。
   ※海外製にはフォークリフト用のシールドバッテリーは有りますがとても高価で
     耐久性と寿命には期待できません。

Q:なぜ、セミシールドなの?
 A:フィラデルフィアのインジェクターバルブにはフタもなく、異物混入もしづらい構造で
   比重測定の穴もありません。 画像参照:機能優先の設計でとてもシンプルです。

Q:でも、面倒な補水は必要なんでしょ?
 A:はい、しかし超高速(約3~5秒)で補水ができるので、楽チンです。
   海外で多く使われている理由は、作業効率UPです。

Q:比重測定ができないのはねぇ~
 A:シールドバッテリーは比重測定ができませんよね?でも、セミシールドなので
   月次、年次点検等の際は簡単に脱着できるから問題ないのではないでしょうか?

参考に画像をご覧下さい。
キャップを開ける必要がないので、危険な電解液との接触を避けます。(安心・安全)

■ トヨタ タグノバ用バッテリー
%E2%91%A1%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%90.JPG
※補水のたびにキャップを開ける手間がなくなり作業効率UPします。

■ トヨタフォークリフト 7FBカンウンター用バッテリー
%E2%91%A27FB.JPG
※補水時間は約5秒!

■牽引車用バッテリー (載せ換えバッテリー)
%E2%91%A3hamagomu.jpg
※バッテリーの数が多いので導入効果は抜群です!

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

フォークリフトの管理者様へ、浮かない話し・・・

すべらない話し ではありません。

浮かない話しです。

さて、フォークリフトのバッテリーはこの時期(暑い日が続く)は、水の減りも思った以上に早く、
「水枯れ」の危険があります。
水枯れは、バッテリーの寿命を縮めるだけではなく、爆発する危険もあるので、注意が必要!
です。

フォークリフトの国内シェアは、トヨタ、ニチユMHIで約8割近くを占め、エンジンVS蓄電池式では、
蓄電池(バッテリー)式が50%以上になり、それに搭載されるバッテリーの約8割近くを
GSユアサが占めると言われます。(もっと低いかも?しれません)

わずらわしい補水作業に関しては、GSユアサ殿、新神戸電機殿も共に一括補水器
(一括補水システム)を用意しています。

これが、問題あり! なんです。

GS_Float.jpg
これでは浮き(フロート)が浮かないんです!

原因:充電中の熱や酸、オイル、添加剤などの影響で半年~1年位すると変形します。

この浮き(フロート)の上下移動でバルブ機能を働かす、浮き(フロート)式の一括補水は
メンテナンスをこまめにしないと、水漏れの可能性が高くなってしまいます。

フィラデルフィアのインジェクターバルブは浮き(フロート)を使いません。
          %E2%91%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4.JPG

フィラデルフィアのインジェクターバルブを使った一括補水は、高い水圧で高速補水ができます。

一般的に補水作業は、1セルあたり約1分かかるといわれるので、48Vのフォークリフトの場合
24セルなので、約25分かかります。
それが、フィラデルフィアの一括補水(インジェクター)は、約5秒で完了します。

※海外では多くの採用事例がございます。 つまり、海外では効率化されているんです!
 (おまけに海外は人件費が低いようなので、コスト競争で勝つのは大変ですよね!)

ご覧下さい。
上が、浮き(フロート)式の一括補水で、下がフィラデルフィアの圧力(インジェクター)式です。

フォークリフトの担当者様は、バッテリー維持管理に時間/コスト、手間がかかっている事を認識され
ていますが、管理者様の多くは『費用対効果』でしか判断しない(できない)そうです。
もはや大企業病は「残念な企業です」と言えるかも?  (前向きな検討はここで止まります)

「浮かない浮き」に関連づけて、浮かない話しでした。

フォークリフトの一括補水の浮きが、溶けた!というお話し

フォークリフト用バッテリーの一括補水のインタビューで
驚く話を聞きました。

なんと、浮きが溶けたそうです。

溶ける?・・・・消えたそうです。

※ 熱でガチガチに硬くなって、浮きなのに浮かないという話もありましたが・・・




ご覧下さい。
     %E6%BA%B6%E3%81%91%E3%82%8B%E6%B5%AE%E3%81%8D.JPG

おそらく、発砲スチロールのうような(ちょっと硬いですが)ものです。

これが溶けるくらい、バッテリーが熱を持つようです。

私も、充電後のバッテリーの温度を測った事がありますが、
一番古くて熱をもったバッテリーでも60度位でした。


浮きが曲がった!

浮きが折れた!

という話は良く聞きますが、溶けた!は、初めてでした。




これ、熱による影響は受けません。
     %E2%91%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4.JPG






何故っ?て、バッテリーと同じ材質で、なおかつ浮きが無いからです。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.

http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




フロートが無い、PS圧力式一括補水システム

PS一括補水システムの取付け風景です。


お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp




オプションの一括補水システムとPSの比較

これが、国内で一般的に使われているバッテリーの「一括補水」です。


%E5%9B%BD%E7%94%A3%E4%B8%80%E6%8B%AC%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0.JPG

キャップを一つずつ開けず、予めセットされている配管ですべてのセルを一括で
補水ができるという優れモノです。

しかし、時間がかかります。


良くご覧下さい。
%E5%9B%BD%E7%94%A3%E4%B8%80%E6%8B%AC%E8%A3%9C%E6%B0%B4%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E.JPG

自動では止まりません。

だから、浮きが引っかかっていれば、 溢れます!


世界最速、確実に自動停止、高い耐久性するのが、圧力式のPS一括補水システムです。

上が「フロート式」の補水です。 下が「PS圧力式」の補水です。

セル内部の電解液が攪拌されるような設計です。(スゴイ!)

バッテリーの延命効果も期待できます。


お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



鉛蓄電池への一括補水



鉛蓄電池への一括補水には「フロート式」が一般的です。

※ 内部のOリングが半年~1年で劣化するので、漏れます。
%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BB%98.JPG
ホースの径が細い・・・(細かい)⇒ もれる危険性有り
%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%80%80BT%E4%B8%8A.JPG






フィラデルフィアサイエンティフィックは「圧力式」です。

※ご覧下さい、フロート(浮き)がありません。

PS%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BB%98.JPG
ホースの径が太い!(シンプル)⇒ シンプルでタフな設計
PS%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%80%80BT%E4%B8%8A.JPG

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp



バッテリーの補水が簡単にできます。

バッテリーの補水は面倒くさい!

これ、結構 耳にする フレーズです。

現場の方はそう思っていらっしゃいますよね?

しか~し!

世界標準か?
海外ではこんなパーツを使い
補水をやってます。

誰がやっても同じ量で自動停止する!
ので、
溢れません!

実際にご覧ください。↓↓↓↓↓↓


PS補水GUN(自動停止機能付き)

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp

バッテリーの一括補水で水が漏れてます・・・



電動フォークリフト(バッテリー駆動)のシェアはエンジン車を上回り、
50%以上で推移しています。

地球環境の問題のみならず、作業環境と品物の保管環境を考える企業が増え、
排気ガスをブンブン!なんていう事は止めましょう!ということですね。

バッテリーのメンテナンスで最も重要なのは、もちろん「水の管理」つまり、
補水です。

これ(↓)、日本でもっともポピュラーは一括補水です。

が、が、がっ、、、 漏れてます・・・・

GS%E4%B8%80%E6%8B%AC%E3%81%AE%E6%BC%8F%E3%82%8C.JPG
魚の骨に例えると・・・
小骨の先端に水が届く時には、大骨は溢れてしまう・・・という状況です。

なぜ『水が止まらない』で溢れるかというと、 Oリングが劣化するんです。
(充電中の熱などにより、半年位すると劣化します)

そこで、ドイツ製の優れモノをご覧ください。
Aqua%20pro%201.JPG

しかし、ちっちゃなOリングがキャップの中に2個もありました。
Aqua%20pro%202.JPG

ほらね!
Aqua%20pro%203.JPG

フロート式の一括補水をご使用の場合、3ヶ月に一度は取り外して
キレイに洗浄しましょう!

そうしないと、間違いなく 漏れます。

お問い合わせ先は・・・
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp

みて、見て!見てぇ~!!!

バッテリーの補水は面倒くさい! のみならず、
溢れると大変なので、一括補水のシステムが
採用されているフォークは結構あります。

しかし、補水が楽になりましたか?

あまり、時間短縮になってないし・・・・
ボーッとしてると溢れちゃうし・・・・
かといって、少なく入れると“炎上”するし・・・


これ、ご覧ください。

驚きの速さと正確さがあります。

これ、浮きを使わない一括補水です。

浮きをつかってチョロチョロ入れているのと違い、
セルの中がグルグル攪拌されているのが分かります。


詳しくは、こちらに!
http://www.phlsci.co.jp

info@phlsci.co.jp

PSバルブ登場!

一括均等保水に高性能のPSバルブが登場。



日本の皆様にいち早くお届けが可能になりました!

まずはこのスピードをご覧ください!


「バッテリーへの補水は面倒くせー!」



そうフォークリフトを扱う現場の方は思っていらっしゃいますよね?

しか~し!

バッテリーのキャップをこの
ホースつきの新型キャップ
に変更するだけで、驚くほど簡単に補水が完了するのです!

実際にご覧ください。↓↓↓↓↓↓


フォークリフトバッテリーへの補水は、忘れたり放置したままだと
バッテリーの性能が生かされないだけでなく非常に危険です。

面倒な補水作業を、簡単で早く確実に、そして

今までにない安さ!

で行なうことが出来る、ホース付き新型キャップの登場は
皆さんの現場の「安全」と「省力化」に貢献します!

今までも、補水を行なう装置はありました。

しかし大掛かりな装置であったり、
大規模な施設でないと導入出来ないような金額の張るものでした。

動画を見ていただいたように、フォークリフト用バッテリーへの補水もあっという間。

お問い合わせはこちらの担当者まで。
↓↓↓↓↓↓
「問い合わせる」

バッテリーも水が命

乗用ゴルフカートのバッテリーのお話しです。

このタイプは6Vのバッテリーが6個直列の36Vなので
セルが18個あり、補水は大変な手間なんです!


水を「どんだけぇ~」入れれば良いかは、感覚です。

入れすぎると ・・・・   あふれます
   これは硫酸がこぼれるので環境的にもダメダメ

足りなかったら ・・・   電極がダメになります
   バッテリーは長持ちしないのでダメダメ
   
「こりゃ困った。50台全部は面倒だなぁ・・・・・」

   ・
   ・
   ・
   
そこで登場したのが、一括補水システムです。

配管をセットして、一箇所で水を供給します。


英語では ・・・・・ Single Point Battery Watering System
これを日本語では ・・・ 一括補水システム と呼んでます。


 ・キャップを開ける必要なし
   だから 簡 単!
        早 い! 
        きれい!    「バッテリー長持ち」です。 




        
        

一括補水システムは「環境」と「安全」のため

%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.JPG

   これ、なんの事かわかりますか?
   ヨーロッパでは90%近くも導入されているシステムなんだそうです。

   日本での呼び名は なんと、
%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%99.JPG

で、なんでまた「一括補水システム」かというと・・・・


フォークリフトのバッテリーに補水するときは、全てのセルのキャップを
開けてから補水するので、10分以上も時間がかかってしまうんです。

しかし、ヨーロッパでは短時間に、しかも!確実に全てのセルの水位を
一定にするシステムを採用してます!

なんと、時間は約10秒程度です。  ⇒ こりゃぁ~作業効率も グゥ~ンとUP!
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
ついつい面倒になってしまう大切な「補水」作業なんですが、日本で
一般に使われている「一括補水システム」とはかなり内容が違ってます。

一定レベルになるとそれぞれのキャップにストップ機能が付いてるんです!

つまり、入れすぎたり、足りなかったりする事もまず無いということです!

理由は特殊なキャップにあります・・・・・



環境・安全です!